清宮幸太郎緊急入院?限局(げんきょく)性腹膜炎で一軍離脱?どんな病気?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

日本ハムは13日、ドラフト1位の清宮幸太郎(東京・早稲田実高)が東京都内の病院で限局げんきょく性腹膜炎と診断され、入院したと発表。

限局(げんきょく)性腹膜炎で一軍離脱?どんな病気?


スポンサーリンク

清宮幸太郎緊急入院?


清宮はここ数日、腹部の倦怠けんたい感や鈍痛を訴えていた。

12日夜に広島に遠征中のチームから離れて帰京。

13日に精密検査を受けた。

その結果、腹腔ふっこう内の一部に炎症がみられたという。

15日まで入院して、点滴治療などを受ける。

日本ハムは13日、ドラフト1位清宮幸太郎内野手(18=早実)が、腹腔内の一部に炎症が見られる限局性腹膜炎のため、都内の病院に入院したと発表。

点滴治療などを受けて経過を観察し、退院後の措置については改めて判断するという。

13日の広島とのオープン戦(マツダスタジアム)は欠場し、都内の病院で精密検査を受けていた。

清宮はここまでオープン戦7試合に出場し、15打数無安打で8三振と苦しんでいる。

キャンプ中の2月22日にも体調不良を訴え、急性胃腸炎と診断されていた。

吉村GMは「数日前から腹部の状態が悪かったので。試合に出られる感じじゃなかった。しばらくの間、入院させます」と説明。

12日の夜、広島到着後に報告を受けたという栗山監督は「状態を確認して、それからです。どんな理由であろうと、選手が苦しむというのは監督の責任でもある。申し訳ないです」と厳しい表情で話した。

広島戦に向けて「全力でやりたい」と気合十分だったが、再び離脱となった。

スポンサーリンク

限局(げんきょく)性腹膜炎で一軍離脱?どんな病気?

限局性腹膜炎
別名:げんきょくせいふくまくえん

腹膜炎の症状のうち、炎症の発生箇所が当初発生した箇所のみにとどまっているもの。

「汎発性腹膜炎」に対する語。

腹膜炎の発生原因はいくつかあるが、例えば虫垂炎が悪化して穴があき、そこから細菌に感染して炎症を起こす、という場合がある。

穴があく症状を伴う急性虫垂炎を「急性虫垂炎穿孔」といい、限局性腹膜炎を併発した急性虫垂炎を「急性虫垂炎穿孔限局性腹膜炎」という。

限局性腹膜炎は腹膜の一部にのみ炎症が生じている状態を指すが、「汎発性腹膜炎」は腹膜全体に炎症が広がった状況を指す。概して腹部全体が大変な痛みに襲われるとされる。

参照:https://www.weblio.jp/content/%E9%99%90%E5%B1%80%E6%80%A7%E8%85%B9%E8%86%9C%E7%82%8E

 

汎発性腹膜炎
読み方:はんぱつせいふくまくえん

腹膜炎のうち、病因が直接に炎症を引き起こした部分だけでなく、腹膜全体にわたり炎症が広がっている症状のこと。一般的に激痛を伴うことで知られる。

腹膜全体が炎症を起こしている汎発性腹膜炎に対して、炎症が一部分に止まっているものを「限局性腹膜炎」という。

腹膜炎は他の臓器で発生した疾患などの影響によって発生しやすい。例えば、急性垂炎により虫垂に穴があく(穿孔)などが生じることで、腹膜に細菌が感染し、腹膜炎に至ることがある。

参照:https://www.weblio.jp/content/%E9%99%90%E5%B1%80%E6%80%A7%E8%85%B9%E8%86%9C%E7%82%8E

ただの炎症であるならば炎症が引けば復帰できるのだろうが、

2月にも体調不良を起こしていることから、

メンタル的に体力的に一軍でのスタートは厳しいと見るのが妥当だろう。

このままファームで体調回復に努めることになるかもしれない。

コメント