イモトアヤコマネージャー突然やめる!理由はロケが過酷すぎるから?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

イモトアヤコ(32)が3月11日、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演。中国は雲南省と湖南省でのロケで、衝撃的な告白をした。

「つい最近の話なんですけど、私の現場のマネージャーが辞めるっていう」

現地の人々にお酒で歓待されるさなか、こう発言したイモト。続けて事情を明かした。

「南極に1カ月行って、帰ってきたらいなくなっているという」


スポンサーリンク

イモトアヤコマネージャー突然やめる!

同番組での南極ロケにマネージャーは付いてこなかった上に、いなくなってしまったようだ。

イモトは相当うろたえているようで「けっこう最悪のいなくなり方」と発言。

最後に「なんの挨拶もなければ私も彼に何にも伝えることができなかった。塚田くーん!元気ー!?」とカメラに呼びかけた。

イモトは昨年3月、自身のTwitterアカウントで“塚田くん”と思しき男性の写真とともに「いつもお世話になってます」と感謝の気持ちを述べていた。

「マネージャーの塚田さん。いつも笑顔の塚田さん。人見知りと言い張る塚田さん。海外ロケには一切来ない塚田さん」

だがイモトの仕事といえば、過酷な海外ロケ。

ネット上ではその仕事ぶりを支えるマネージャーの負担を慮り、《イモトのマネって大変そうだよね》《普通のマネだったらやらなくていいこと沢山やってきただろうし》と同情の声もあがっていた。

スポンサーリンク

理由はロケが過酷すぎるから?

2017年2月5日放送の世界の果てまでイッテQ!で取り上げられたイモトアヤコさんの99か国の軌跡2時間!

番組にデビューしたのが番組開始と同じ2007年なのでお互いに10周年をむかえるんですがそんな10年でロケで訪れた国数は驚異の99か国!!

単純に10で割っても一年間で9か国以上はいっているので一般人からしてみたら驚異のハイペースで訪れておりそんな彼女のロケ先を年代順にみていくと

2007年:インドネシア、ブラジル、ルワンダ (3ヵ国)

もちろん最初の国はオーディションにもなったコモドドラゴンと対戦したインドネシアでここからすべてが始まったんで印象深いでしょう

2008年:フィリピン、マレーシア、マダガスカル、エジプト、スーダン、ウガンダ、カメルーン、バヌアツ、南アフリカ共和国,ニュージーランド、コスタリタ、カンボジア、メキシコ、マーシャル諸島、ナミビア(15ヵ国)

と距離的にも近いアジアやロケの都合か連続してアフリカ諸国をいきなり2年目でこなし

2009年:オーストラリア、ラオス、ジャマイカ、アンティル、タイ、エクアドル(ガラパゴス諸島)、ボリビア、ケニア、ジンバブエ、モンゴル、ボツワナ、タンザニア、インド、スイス、、スペイン、アメリカ、パプアニューギニア、ペルー、フィンランド、アルゼンチン、ロシア、カナダ(22ヵ国)

となんと1年で22ヵ国と恐ろしいペース!

計算すると1ヶ月で約2か国新規国にいっているペースになるので・・・

2010年:ニカラグア、グアテマラ、中国、イギリス、ブルネイ、ベネズエラ、モルディブ、スリランカ、アイルランド、フランス、イタリア、マリ、セネガル、モロッコ、韓国、ノルウェー(16ヵ国)

とヨーロッパの主要観光有名国を回ったり、イッテQ登山部・モンブラン登頂もこの年になっています!

2011年:アラブ首長国連邦、チリ、(香港、マカオ)台湾、パラオ、キリバス、フィジー、パラグアイ、アイスランド、トリニダード・トバゴ、バハマ、エチオピア、ドイツ、チェコ(13ヵ国)

でこのときすでに日本に滞在できるのは1年の3分1という売れっ子芸人として成功をおさめており

2012年:ネパール、クロアチア、ハンガリー、オーストリア、ポルトガル(5ヵ国)

2013年:オランダ、ベルギー、バルバドス、ドミニカ共和国、ドミニカ国、スウェーデン、デンマーク、ウクライナ、ガボン、パナマ(10ヵ国)

2014年:カザフスタン、コロンビア、ポーランド、シンガポール、キューバ(5ヵ国)

イモトアヤコ イッテQ 10年 訪れた国

2015年:ベトナム、ミャンマー、バングラディシュ、ルーマニア、ベラルーシ(5ヵ国)

と2016年もドラマなどの出演もあった中でモナコなどにいっています。

ここに書くだけでも相当海外ロケついていくマネージャーも大変だったんでしょうね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク