高梨沙羅平昌オリンピックを前にマスコミ批判が殺到する理由

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

高梨沙羅平昌オリンピックを前にマスコミ批判が殺到する理由


スポンサーリンク

高梨沙羅平昌オリンピックを前にマスコミ批判が殺到する理由

平昌五輪開幕を2月9日に控え、アスリートたちは準備に抜かりがないようだ。

スキージャンプの高梨沙羅ももちろんその1人。

1月24日に行われた日本選手団の結団式、壮行会に出席し、五輪に向けての意気込みを語った。

ところが、高梨の一言がスポーツファンの逆鱗に触れてしまったようなのだ。

高梨は4年前のソチ五輪を振り返り、『悔しさをバネにして練習してきた。跳ね返してやろうという強い意志がある』と語っていた。

彼女はソチ五輪で金メダルは確実と言われながら、メダル圏外の4位に終わった。

今度こそという想いは強い。

ここまでは問題なかったのですが、この後の一言が注目を集めた。

高梨は平昌五輪で金メダルを取ったら「日本に住んでいるのに日本のことを知らないと思った。(日本一周旅行を)車で1人でできたら」と話した。

だが、彼女は1週間ほど前に「愛車が約2000万円ベンツ」だと報じられたばかり。

そこでこの発言となれば、「超高級車で優雅に日本一周ですか」「せっかく買った2000万円の車だもんね、そりゃ乗り回したいよね」と批判が出ている。

少し軽率だったと言える。

ただ彼女は『車をみせびらかしたい』とか『自慢の高級車』という思いはなく、単純に車が好きだから言ったと考えられる。

実際愛車のベンツは惚れ込んで買ったと言われている。

北海道出身の彼女は大阪より西に行ったことがほとんどなく『西日本に行ってみたい』と目を輝かせていた。

今度こそ金メダルを獲得し、気持ちよく日本一周旅行をしてほしいものだ。

だが、それにしてもマスコミ批判が多い

平昌五輪開催目前だが、メダル獲得を期待されているというのに、女子スキージャンプの高梨沙羅の話題あまり盛り上がっていないのだ。

高梨は約2000万円するベンツのSUV車に乗っていることを記事にされ、ニュースに対するコメント欄とSNSを中心に賛否両論が多く投稿されました。

しかし、競技自体のことが話題になることはあまりなかった。

平昌五輪では金メダルを取って欲しいという意見は多い。

24日の五輪結団式では旗手を務め、涙を流していました。

でもテレビのスポーツコーナーなども、いまひとつ彼女のことはクローズアップしない。

率直に言えば、スポーツマスコミの取材担当には“好かれていない”。

スポンサーリンク

高梨が敬遠される理由

なぜ高梨は取材記者からの評判が悪いのか。

彼女の態度に問題があるため。

スポンサーの指示なのか、共同会見以外に写真を撮らせない。

根はもっと深く。

それは2014年のソチ五輪後から始まったという。

3年ぐらい前でしょうか。まだ10代の高梨でしたからソチで勝てなくても、次の五輪に出場することは確実なので、各社とも番記者を付けた。

それでスポーツ紙の記者が取材しようとすると『ギャラいくら?』と言われた。

複数のスポーツ紙が聞かれ、みんなビックリ!

彼女はギャラが派生するバラエティー番組や雑誌グラビアには出る。

親族の教えなのか、これが実は不人気の理由。

お金のことで家族と揉めでもしたのでしょうかね?

ある報道によると「高梨の故郷の取材に行くと必ず親族の経営する店に場所を指定され、飲食を半ば強要された」なんて記事もありましたが親族共々お金にがめついのでしょうか?

批判が殺到するのは妬み嫉みかもしれませんね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク