春日野親方(元関脇・栃乃和歌)関与?2011年八百長事件爆弾発言したら協会パンク?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

春日野親方(元関脇・栃乃和歌)関与?2011年八百長事件爆弾発言したら協会パンク?


スポンサーリンク

春日野親方(元関脇・栃乃和歌)関与?2011年八百長事件爆弾発言したら協会パンク?

日本相撲協会の広報部長を務める春日野親方(55 元関脇・栃乃和歌)が、2011年の八百長事件の際、キーマンとされた元力士に対して、「爆弾発言したら協会パンクだよ」、出世が「パーだ」などと話していたことがわかった。

八百長を認めた元前頭の春日錦は、当時、春日野部屋に部屋付き親方として所属しており、相撲協会の特別調査委員会の調査に協力。

ただ、調査の過程で、八百長が春日錦を中心とした番付下位グループだけで実行したと矮小化され始めたことに不信感を抱き、春日野親方ら関係者とのやり取りを録音。

週刊文春が入手した音声テープによれば、春日野親方は春日錦に対して「五月場所で爆弾発言でもしてみろ。その時点で協会パンクだよ」と発言。

当時は、三月場所が開催中止となり、五月場所の開催に向けて、相撲協会が八百長問題の調査を進めている時期だった。

春日錦の件について、千秋楽後に春日野親方に声をかけたが、終始無言。

改めて部屋に取材を申し込んだが、「春日野部屋関係者」を名乗る男性から記者に非通知の電話があり、「質問はすべて協会で発表している内容。協会を通してほしい」とだけ告げ、一方的に通話は打ち切られた。

2月1日(木)発売の「週刊文春」では、20時間を超える音声テープの内容や栃ノ心へのゴルフクラブ殴打事件など相撲界の暴力問題について詳報される。

スポンサーリンク

2011年の八百長事件

大相撲の八百長とは、主に本場所での取組で力士同士が白星を金で売買する故意の敗退行為。

携帯電話のメールでやり取りしていたとされ、勝ち負けのほかに取組での具体的な戦い方の内容についてもやり取りしていたとされるもので、数十万円の金銭がやり取りされたと報道されている。

実際の取組ではメールのやり取り通りの内容になったことが明らかになっている。

前年2010年に起きた大相撲野球賭博問題の捜査において、賭博に関与した力士から証拠として押収した携帯電話のメールを調べていて、発覚した問題。

大相撲の八百長に関する疑惑は、週刊ポスト(小学館)が「角界浄化キャンペーン」と称して元力士の告発などの形態で1980年代から30年にわたって報じており、週刊現代(講談社)も後の2008年になってこれを取り上げるなどしてきたが、相撲協会は一貫して八百長があることに関しては否定し、週刊現代に対しては複数の協会員が訴訟を起こし、勝訴した(2011年以前の八百長疑惑問題については八百長#大相撲も参照)。

発覚当日の理事長による会見でも「過去には八百長は一切なく、新たに出た問題」と発言。

前年に発覚した野球賭博などの賭博罪と違い、大相撲の取組で力士が八百長行為を行うことは直接には法律に違反しない。

八百長が疑われた取組で賭博が行われば賭博容疑で捜査となるが、この日明らかになった取組では賭博行為は見当たらなかったとされている。

しかし2月3日に枝野幸男内閣官房長官は記者会見で、この問題が起きたことで日本相撲協会の公益法人化に難色を示す発言をしており、公益認定等委員会を所管する蓮舫・行政刷新会議担当相も「公平なルールで競技が行われないのでは、公益法人認定の要件を満たしているとは言えず、現段階で(公益法人認定は)厳しい」旨の発言をしている。

この問題を受けて、相撲協会は発覚した翌月に行われる春場所(大阪場所)中止を決定。


関連コンテンツ

スポンサーリンク