大砂嵐今後の進退は?無免許運転事故無報告

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

大砂嵐今後の進退は?無免許運転事故無報告


スポンサーリンク

大砂嵐今後の進退は?無免許運転事故無報告

角界の不祥事が止まらない。

刑事事件に発展した元横綱日馬富士関による暴行問題。

立行司のセクハラ行為。

信頼回復を図っている途上だが、初場所開催中に発覚した新たな問題でダメージは必至だ。

事件の概要


大相撲の十両でエジプト出身の大砂嵐(25=大嶽)が1月初め、長野県内で車を運転中に追突事故を起こしたとして県警が道交法違反容疑で捜査していることが21日、捜査関係者への取材で判明。

当時、無免許運転だった疑いも持たれている。

日本相撲協会によると、本人は運転していたことを否定。

相撲協会は内規で現役力士の運転を禁じている。

警察の聴取には運転をしていたと話しているようだ。

国際免許を持っているが、事故当時は効力が無効であったとされている。


スポンサーリンク

日本相撲協会の執行部は21日夜、両国国技館(東京都墨田区)で、大砂嵐関と師匠の大嶽親方らから事情聴取。

その後、協会の春日野広報部長や大嶽親方が報道陣の取材に応じた。

大嶽親方は「師匠としておわび申し上げます。大事なときにこういう問題を起こし、協会にも私にも報告していなかった」と謝罪。

大砂嵐関と代理人弁護士も取材の場に姿を見せたが、大砂嵐関は「車の運転をして事故を起こした事実は」「今の心境は」などの質問に答えず、うつむきがちのまま無言だった。

一方、弁護士は「警察に対する説明が若干混乱している。警察から理解された段階で(協会や師匠に)報告する予定だった」などと説明。

弁護士によると、運転していたのは妊娠中の妻で、大砂嵐関は免許を持っていないが、妻はエジプトで国際免許を発行されているとしている。

協会の八角理事長(元横綱北勝海)は報道陣に「ちゃんと調べないといけない」と語った。

コメント