ソフトバンク上場新規株式公開(IPO)!買い?

スタディ

こんにちはTac^^です。

ソフトバンク上場新規株式公開(IPO)!買い?


スポンサーリンク

ソフトバンク上場新規株式公開(IPO)!買い?

ソフトバンクグループは15日までに、主力の携帯子会社ソフトバンク(東京)を上場させる方針を固めた。

年内の上場を目指し、近く東証と本格的な調整に入る。

資金調達額は2兆円に達する。

実現すれば過去最大規模の新規株式公開(IPO)となる。

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

メリット

1.取得に際し、手数料がかからない。
2.上場後の株価が大きく飛躍している銘柄が多い。
3.銘柄によっては上場後、数ヶ月の間に株式分割を行う企業が多い。
4.公募価格(売出価格)は割安に設定される場合が多い。
5.新興企業など歴史の浅い会社が多く、今後の業務急拡大が期待できるなど。

デメリット

1.上場後、株価が一方通行でブレやすい。
2.株価は居所を落ち着けるまで3-6ヶ月程度かかる。
3.新興企業等歴史の浅い、規模の小さい会社が多く、バリュエーションが把握しにくいなど。

参照:https://kabu.com/item/ipo_po/about_ipo.html


スポンサーリンク

調達資金は、財務体質強化や新規分野への投資に充てるとみられる。

ソフトバンクは、NTTドコモやKDDI(au)と並ぶ、国内の3大携帯電話会社の一つ。

固定電話やブロードバンド(高速大容量)の通信サービスも手掛けている。

2006年の英ボーダフォン日本法人の買収を機に携帯事業に参入した。

年間売上高は約3兆円で、グループ全体の35%を占める。

持ち株会社であるソフトバンクグループは東証1部に上場。

12日時点の時価総額は9兆8000億円を超える。

企業の合併・買収(M&A)を積極化して業容を拡大。

傘下に
  • 日本のヤフー
  • 米携帯大手スプリント
  • 英半導体設計大手アーム
なども抱える。

ソフトバンクの株式については、議決権の99.99%を保有している。

大手三大キャリアの一つだけに買うメリットは大きように感じるが皆さんはどのように考えられるだろうか?

ぜひコメントでの意見を伺いたい。

コメント