日馬富士引退届提出引退後は帰国して朝青龍と起業?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

日馬富士引退届提出その理由は?

引退後は帰国して起業?


スポンサーリンク

日馬富士引退届提出その理由は?引退後は帰国して起業?

大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が29日午前、日本相撲協会に引退届を提出。

受理された。

秋巡業中の10月25日に鳥取市内で同じモンゴル出身の幕内貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に暴行したことが明らかになり、その責任を取る形となった。

29日午後2時から福岡県内で記者会見する見込み。

横綱が不祥事で現役を退くのは、
  • 1949年に休場中に野球観戦した前田山
  • 87年に失踪騒ぎを起こした双羽黒
  • 2010年に知人男性に暴行した朝青龍
に次いで戦後4人目となる。

日馬富士が暴行を認めたのは今月14日。

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)と、日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が複数回にわたり、横綱の進退について話し合ってきた。

協会は法曹関係者ら外部理事を含む危機管理委員会も招集し、調査を進めていた。

鳥取県警は12月上旬にも日馬富士を傷害容疑で書類送検する方針を固めている。

九州場所後の27日にあった横綱審議委員会(委員長=北村正任・毎日新聞社名誉顧問)は協会に対して、日馬富士に厳しい処分をすることを求めていた。

186センチ、137キロの日馬富士は、軽量ながら鋭い出足を武器に12年秋場所後に第70代横綱に昇進。

通算9度の優勝を果たした。

特に先場所は白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が休場した土俵で序盤で星を落としながら千秋楽の本割、優勝決定戦で大関豪栄道に連勝し、逆転優勝。


スポンサーリンク

引退の理由は

ある後援会関係者には29日午前1時ごろ、日馬富士本人から電話で連絡があり、引退する意向を伝えられた。

その関係者によると、日馬富士は「疲れ果てた。もう精神的にダメです」と話したという。

当初は日本相撲協会の危機管理委員会の調査結果を待ち、進退を判断するつもりだった。

だが、頻繁に連絡を取っていたこの関係者との電話口でも、「日に日に元気がなくなっていった」ようだ。

27日の横綱審議委員会でも「非常に厳しい処分を求める」という意見が大半だった。

来年の初場所の番付編成会議を前に、引退の道を選んだ。

会見では

「貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせて頂きます」と日馬富士。師匠とともに30秒近く、頭を下げ続けた。

暴行に至った経緯を問われると、「先輩横綱として、礼儀と礼節がなっていないと思い、直すのが先輩の義務だと思っている。しかったことが、彼(貴ノ岩)を傷つけ、世間を騒がし、ファンや協会に迷惑をかけることになった」と説明。「これからのことを思ってしかったが、行きすぎたことになった」と後悔ものぞかせた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000059-asahi-spo

こういう形での引退は本当に残念だ。

引退後は?

旭鷲山や朝青龍のように引退後はモンゴルに戻ると考えられる。

どちらも起業し成功している。

朝青龍はどちらかといえばタレント業の方が主だろうが、

どちらにせよ日本で活躍したモンゴル人力士は

モンゴルに帰り

モンゴルで莫大な資産を築く

という流れが多いように感じる。

特になの売れた力士ならばこのような形になるのは当然だろう。

今回の日馬富士は、朝青龍とも仲が良い。

朝青龍と同様の道を歩んで行くのではないだろうか。

コメント