安室奈美恵紅白に出ない?そして引退を決意した本当の理由。母と息子の思いとは

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

安室奈美恵紅白に出ない!?

そして引退を決意した本当の理由とは推察してみました。


スポンサーリンク

安室奈美恵紅白に出ない?そして引退を決意した本当の理由。母と息子の思いとは

 

芸能界を引退

2017年9月20日に

2018年9月16日をもって芸能界を引退すると発表した安室奈美恵(40)。

特番「安室奈美恵 告白」が、23日午後10時からNHK総合で放送された。

安室は引退発表から1カ月後に、2時間にわたりNHKのインタビューに応じている。

同局のサイトで、その一部が公開された。

引退の理由は

  • 番組ではデビュー当時から引退が頭にあった。
  • 一生、続ける仕事じゃないなと思っていた。
  • 始まりがあれば終わりがあるとニコイチ(2つセット)
  • 引退のときには絶対に大きな会場で引退コンサートをするという夢を持っていたという。
  • 最初に引退の文字が頭に浮かんだのは20代後半。
  • 手探りでいろいろ悩んだ。でも相談できないのが一番の大きな悩み。
  • 引退のことを誰に言うこともできずにいたと言う。
  • 真剣に引退を決意したのはデビュー20周年の2012年。
  • 5大ドームツアーを実現させ、マネジャーさんにドームツアーが終わったら引退という話をした。
  • すべてをやり尽くして、燃え尽きてきたと素直な思いを吐露。
  • だが、引退に踏み切れず、次のタイミングを25周年に定め、16年から今年にかけてファンへ感謝を伝えるために、自身最大の40都市100公演にも及ぶ全国ツアーを行ったことも明かした。
  • 引退ってネガティブなイメージがあるけれど、一つの通過点。終わりがあればスタートがある。この先の人生の方が長いので情熱を注ぐ楽しい人生が待っていたりするので楽しみですと晴れ晴れとした表情をしていた。
  • 来年2月から5大ドームツアーとアジア公演を控えるが、いつもの自分らしくやれれば。みんなと一緒に楽しめる空間を作りたいと最後まで迷いなく前向きだった。
  • 引退の文字が、割とちらついたのは20代後半の時
  • 歌手の安室奈美恵というのが、ちょっと分からなくなった時期があった
  • その時は息子もいましたので、この子のために何が出来るとか思ってい
  • あの時、息子を出産していなかったら多分、全然違う安室奈美恵が、ここに座っているか、座っていないか…だと思います
  • 98年5月19日に出産し現在、19歳に成長した長男の子離れが出来ていないと吐露し、母としての顔を見せている。
最新曲「Finally」の中に「守るものがあるから 強くなれるの」という歌詞があると指摘されると「割と年を重ねていくに連れて、守らなきゃいけないものも増えたし、大切なものの大きさ、偉大さも実感してはいるので」と語った。

その上で「ただ…最近は、それもなくなりつつあって。もう、親離れが進んでいて、私の子離れが全く出来ていないので。『お前うぜえよ』みたいな感じの毎日です」と、長男との日常を明かして、笑っている。

安室は番組の中で、長男が幼い時は毎日、弁当を作っていたことも明かした。「(弁当を)作ってました、毎朝。ラッキーなことに(当時は今、はやりの)キャラ弁が進行していなかったので、サッカーボールのおにぎりくらいで良かった。その後、キャラ弁が進行して、ホッと胸をなで下ろしました」と笑みを浮かべた。

彼女にとって息子の存在はかなり大きなものだったのだろう。

来年の9月と言うのは息子が二十歳になる年齢だろう。

おそらくこれが引退を決意したきっかけになったのではないだろうかと筆者は考える。

紅白に出ない理由は、彼女が人前をあまり好きでないから。

コンサートでもトークはいつも控えめ、あくまでアーティストとしての安室奈美恵でありたいのだろう。

そして、きっと家族のことがあるから年末年始・正月はきっと家族(息子)と過ごされたいのではないでしょうかね。


スポンサーリンク

ファンへのメッセージ

「安室奈美恵です。今まで応援してくださった皆さん、ありがとうございます。

それから、曲を聴いて下さった皆さんにも、心から感謝申し上げます。

ありがとうございます。

引退…来年の9月で引退はしますけれども、皆さんの生活の毎日の中に、すばらしい音楽があふれていて、その音楽で、皆さんが何か次の一歩を踏み出す時に、背中を押してくれるような音楽に出会えていたらいいなと思っています。

それが安室奈美恵のこの曲だったんだ、って思ってくださる楽曲があるとするなら、すごく、すごく、心からうれしいなと思っています。

残り少ない時間ではありますけれども、一生懸命、自分らしく、残りの時間を過ごして、2018年9月16日を迎えていきたいなと思っております。

皆さん、それまで、ぜひよろしくお願いいたします」

参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00059993-nksports-ent

安室が「紅白歌合戦」や「ポップジャム」など、NHKが放送した過去の映像を見て、当時を振り返り、15歳でのデビュー直後の不安や、スターダムを駆け上がった当時の重圧、引退など、その頃の自分が何を思っていたのかを赤裸々に語った。

 

安室奈美恵(あむろ・なみえ)

本名同じ。

1977(昭和52)年9月20日生まれ、40歳。

那覇市出身。

身長1m58cm

92年にアイドルグループ、スーパーモンキーズの一員としてデビュー。

95年に「TRY ME~私を信じて~」が大ヒットし、同年にソロに転身。

96年に史上最年少で日本レコード大賞を獲得し翌97年も連続受賞。

同年、TRFのダンサー、SAM(55)と結婚、翌98年に長男(19)を出産したが2002年に離婚。

年の差婚だったんですね。

16年にはNHKリオ五輪テーマ曲「Hero」を手掛けた。

これは記憶に新しい。

10月1日からフジテレビ系アニメ「ONE PIECE」(日曜前9・30)の主題歌「Hope」を担当。

コメント