中部(愛知)で肉骨茶(バクテー)を食べるならラオパサ!

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

バクテーが食べて見たくて色々と調べて食べに行ってきました。


スポンサーリンク

中部(愛知)で肉骨茶(バクテー)を食べるならラオパサ!

肉骨茶(バクテー)とは

肉骨茶(バクテーもしくはパクテー)はマレーシア及びシンガポールの鍋料理である。

「肉骨茶」は福建語のbah-kut-têに由来するものであり、その発音から「Bak kut teh」と綴られることが多い。

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理。

一般的には土鍋で供される。

前述の食材に加えてレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などが用いられることもある。

スパイスにはスターアニス(大茴香)、シナモン(桂皮)、クローブ(丁子)、コショウ(胡椒)、ニンニク(大蒜)などがよく使われるが、他にも多様な組み合わせがある。
  1. スープは醤油ベースの深い褐色
  2. あるいはコショウを効かせた澄んだもの
の2系統がある。

料理に茶葉は使用しないが、料理を創ったとされる「李文地」の「地」から、あるいは、料理がもともと「肉骨地」と呼ばれていたため、福建語で「地」と「茶」の音が類似しており「肉骨茶」と呼ばれるようになったとされる。

外食として朝食や昼食で食べられることが多く、現地ではファーストフードのひとつ。

その他の地域では薬膳料理としても紹介されている。


スポンサーリンク


食べに行ったところラオパサ

店名ラオパサ (LAO PASA)
ジャンル東南アジア料理(その他)、カレー(その他)
予約・
お問い合わせ

052-932-1710

予約可否

予約可

ご予約後の時間・人数変更がある場合は、事前に連絡していただきますようお願い致します。

住所

愛知県名古屋市東区2-13-4 カスティロ泉1B


今回はコース料理を頼みました。

肉骨茶入りのコースを選びました。

地元のビールを頼んで酒飲みながら楽しみました。


関連コンテンツ

スポンサーリンク