実写映画「亜人」佐藤健と綾野剛の評価。感想ネタバレあり。大ゴケかと

ホビー

こんにちはTac^^です。

実写映画亜人(元ネタは漫画)を観てきました。

正直こける作品かと前評判では思っていたのですが・・・

 


スポンサーリンク


 

実写映画「亜人」佐藤健と綾野剛の評価。感想ネタバレあり。大ゴケかと

個人的にはどうでもいいのですがyoutuberのヒカキンが出ていましたね。

『亜人』のあらすじ

どんな傷を負っても死ぬことがない新生物・亜人。

主人公・研修医の永井圭は、ある日交通事故に遭ったことがきっかけで自身が亜人であることが発覚。

このことから、彼らの実験を試みる政府機関に捕らわれてしまった圭。

一方で、独自に人間抹殺を試みる亜人の佐藤らも圭に接触を謀る。

果たして人類と、新生物との戦いはどうなるのか…。

SFアクションです。


主演キャスト

主人公・永井圭/佐藤健


佐藤健『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

 近年も映画

『世界から猫が消えたなら』

『何者』

『るろうに剣心』シリーズ

『バクマン。』

人気コミックの実写化作品でも主演に抜擢され、大役を務めあげている。

原作では高校生の永井ですが、本作では研修医という設定になっていました。

るろうに剣心でのアクションもよかったのですが、

今回の戦闘シーンでもとても素晴らしい演技をしていたと思います。

IBM/宮野真守


『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

アニメ版で主人公・永井圭の声を担当した人気声優の宮野真守。

実写版ではIBM(インビジブル・ブラック・マター)の声を吹き込むことになりました。

インビジブル・ブラック・マターとは佐藤健が演じる主人公・圭が操る分身のこと。

亜人は全員これを出すことができるという設定です。

当然初めから簡単に出てくるものではないのですが・・・

佐藤/綾野剛


綾野剛『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

この映画のキーパーソン。

佐藤は亜人であるとともに仲間を集め、過激な行動を取る危険人物。

イギリス人と中国人の間に生まれたアメリカ人。

精神的な問題から他者に対する共感力が欠如。

欠如の原因は長い間実験台にされたからという見方が正しいかもしれません。

アメリカ海兵隊に所属していた経験もある。

亜人であることも活かした戦闘力は作中屈指の高さを誇ります。

そんな佐藤を綾野剛が演じることに。

漫画の佐藤はかなり歳を召している印象だったので初めはこの実写はダメかもしれないと思ったが・・・

これが意外とハマっていてアクションもかなり良くてすごく良い映画だと思いました。

 


『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社


スポンサーリンク

田中功次/城田優


城田優『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

田中功次は2番目に発見された亜人。

圭は3番目。

元々は普通の若者として暮らしていましたが、正体が知られてからは国に捕虜され、非道的な実験の対象になっていました。

そのため人間のことを憎んでいる。

佐藤の助けによって研究機関から救い出されてからは、行動を共にするようになり、佐藤と共闘しています。

正確には佐藤に利用されているという表現が正しいかもしれません。

力関係は佐藤の方が一方的ですからね。

奥山真澄/千葉雄大

佐藤の呼びかけによって仲間となった奥山真澄。

彼は生まれたころから右足が不自由で、蘇ったあとも不自由な状態のまま。

機械に強いため佐藤のサポートとしてハッキングなどを行い活躍。


高橋/山田裕貴

奥村同様、佐藤の仲間の1人。

原作ではゲンという人物とともに行動する高橋。

戦う際に覚せい剤らしきものを使う様子が描かれています。

ラリってる感じの戦闘シーンは結構見ものでしたね。

戸崎優/玉山鉄二


玉山鉄二『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

戸崎は厚生労働省亜人管理委員会のトップ。

圭の正体を見極めるために警察官を囮に使ったり、要人から情報を引き出すために護衛の人間を躊躇いもなく撃ち殺したりと、冷徹にして容赦のない人物設定。

 

下村泉/川栄李奈


川栄李奈『亜人』
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

下村泉は戸崎の部下。

その正体は亜人。

正式に何番目に見つかったとは報告がないので、佐藤と田中の間か田中と永井の間いに見つかった亜人でしょう。

 戸崎に協力することで正体を公表されずに済んでいます。

圭と同様に「黒い幽霊」を操ることが出来る。

かつては「田井中陽子」という名前でしたが、ある理由から現在の名前に変えた過去を持ちます。

この戸崎との詳細の関係は映画の中では上下関係と過去が影響している程度しか描かれていなかったので漫画の方で詳しく読み解くしかなさそうです。

ちなみに私は漫画は途中までしか読めておらず映画を見ることになってしましました(T ^ T)

演じる川栄李奈はAKB48を卒業後、女優業に力を入れ2016年には朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演。

正直、雰囲気的には漫画を読んだ上ではありかなとも思ったのですが演技を含めて考えると少しだけ微妙だった印象を受けますね。

永井慧理子/浜辺美波

圭の妹である慧理子。

小さい頃から圭の幼馴染の海斗に好意を抱いていたため、圭が海斗と距離を取るようになってからは兄のことを嫌っています。

海斗が今回の映画にまったく出てこなかったの残念でならないですね。

映画の尺的にも仕方のない脚本だったのでしょうが・・・

監督を務めるのは『踊る大捜査線』で知られる本広克行

本作の監督を務めるのは本広克行です。 『踊る大捜査線』シリーズで知られる本広監督。

「踊る~」シリーズではTV版の各話演出を担当した他、劇場版四作全てで監督を務めました。

2012年にはアニメ『PSYCHO-PASS』の総監督も経験しています。

サイコパスはかなりよかったので、そこでのアニメ経験と踊るシリーズの刑事物の良いところがミックスされた映画になったのではないかなと感じました。

コメント