オスカープロモーション問題タレント?忽那汐里と河北麻友子

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

4月に社員の大量離職が報じられた。

だが、今も変わらず辞めていく人は多い。

そのせいで、チーフクラスのマネジャーが雑用もこなしているのが現状。

と言うオスカープロモーション。

原因はなんなのか?


スポンサーリンク

オスカープロモーション問題タレント?忽那汐里と河北麻友子

米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽ら、芸能界の最前線で活躍する女優が数多く所属するオスカープロモーション。

そのオスカーからマネジャーを含めた社員が大量に離職していると報じられたのが4月。

あれから3カ月たった今も、その傾向は改善していない。

事務所は、とにかく売れそうなタレントにはチーフはじめ7~8人が集まって週1回会議し、どういうプロモーションがいいか案を出し合ったりしてる。

ですが、なかなか結果が出せないマネジャーは、敗戦処理みたいなタレントばかりつけられて、やる気をなくさせて退社……みたいな流れになっている。

当然、事務所はタレントファーストですが、またそれを勘違いしているタレントもいて、その相手に疲れて辞めていくマネジャーもいる。

その勘違いしているタレントの筆頭が、忽那汐里と河北麻友子の2人だという。

2人に共通していえるのは、帰国子女だということ。

とにかく2人とも奔放な性格なので、それに疲れ果てて辞める人が多い。

帰国子女のタレントは基本的に自由な考えなので、イエスマンしか周りに置きたがらない。

それをマネジャーが注意すると、すぐ上層部に告げ口されて、現場は何も言えなくなる。

忽那さんは松田翔太さんと別れさせられてから、さらに手がつけられなくなったようだ。

河北さんは最初から主張が激しく、いまだにそれは変わらないそう。

現在までにかなりの人が辞めてますから、事務所の存続すら危ぶむ声も出ている。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ