台風12号動き方天気は?寒冷渦

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。
通常、台風は太平洋高気圧の縁に沿うコースで北上しますが、今回の台風12号は次第に高気圧の縁から離れながら変則的な進路で北西に進み、関東方面から日本海へ向かう予想です。
この要因の一つに、上空の寒気「寒冷渦」の存在があります。

スポンサーリンク

台風12号動き方天気は?寒冷渦

2018/07/26 16:36 ウェザーニュース

寒冷渦(かんれいうず)とは?

「寒冷低気圧」や「切離低気圧(せつりていきあつ)」と呼ばれ、上空高いところにある低気圧。

中心に寒気を持ち、地上では低気圧として解析されにくい低気圧なので、よく目にする天気図(地上天気図)にはあまり登場しません。
水蒸気画像(7/26 午前9:00)

今回の寒冷渦は元々北海道の東の海上にあったものが、夏の高気圧の周囲を回るように南下し、今日26日(木)は関東の南東沖にやってきました。

この寒冷渦が台風12号の動きを複雑にする可能性があります。

台風と寒冷渦による「藤原の効果」

図1 2つの台風による相互作用

寒冷渦と台風はどちらも”反時計回りの渦”です。

2つの渦が近づくと「藤原の効果」と呼ばれる相互作用を起こし、複雑な動きをすることがあります。

多くの場合は2つの台風同士で「藤原の効果」が起こりますが、寒冷渦でも同様です。

今回は上段真ん中の図で、左側の渦が寒冷渦になっているパターンです。

台風は通常、太平洋高気圧の縁を北上しますが、今回は寒冷渦を回るように北西に進路を変える予想です。

細かい進路については寒冷渦と台風が近づくタイミングや、台風の発達度合いにより変わってきますので、進路の変化に注意が必要です。

参照:https://gunosy.com/articles/RXnxz

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ