セブンイレブン生ビール提供中止理由は?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

夏においしいものと言えば、何といってもキンキンに冷えたビール!

仕事終わりに外でゆっくり一杯…といきたいところだが、最近の暑さは尋常ではなく、14日からの3連休も、最終日16日には岐阜で最高気温が39.3度となるなど、灼熱の日が続いている。



スポンサーリンク

セブンイレブン生ビール提供中止理由は?

そんな厳しい暑さの中、ちょっとだけ生ビールでのどを潤したいという人のための新サービス、大手コンビニチェーン「セブン-イレブン」の一部店舗で17日から試験稼働する予定だった生ビールサーバーが、急遽、導入中止。


開始直前に中止

気軽にビールが楽しめる「ちょい生」と称し、都内の数店舗で導入予定だった生ビールサーバー。

最近コンビニで人気のコーヒーやカフェラテなどと同様に、レジで専用のカップを購入し、サーバーのボタンを押すだけで、注ぎたての「キリンビール一番搾り」が飲めるもの。

値段はSサイズが税込100円、Мサイズが税込190円とお手頃価格。

Sサイズだと一杯100円というのも魅力的で、暑い夏にサッと楽しむのにピッタリにも思えるこのサービス、なぜ開始直前になって急遽中止したのか?
サービス開始予定日だった17日は特休日のため、セブン-イレブン・ジャパン本社の代表電話は通じなかったが、お客様相談室に話を聞くことができた。

――なぜ急遽中止に?

予想以上の反響があり販売体制が整わないこと、需要が大きく、製品の品質保持が難しいことなどから、販売中止となりました。

――中止はいつ決まった?

決定日時はわかりませんが、お客様相談室には17日の朝に中止の通達がありました。

――今後の提供は?

今後の販売の見通しは立っていません。現時点では「休止」という形ではなく「中止」となっています。

予想以上の反響があったため、急遽サービスを中止し、今後の見通しも立ってないという「ちょい生」。
サービス開始前の「反響」ということは、SNSや電話での問い合わせが多数寄せられたと考えられるが、詳細については回答できないとのことだった。

ネット上では賛否両論

ネット上では今回の新サービスに

「本当にちょっとだけ飲みたい時、缶ビールでは多いしSサイズがぴったり」

「楽しみにしていたのに残念」と販売を求める声の一方で、

「飲酒運転が増えそう」

「コンビニの周りが騒がしくなるのでは」など懸念する声も見られた。

大手ビール5社が発表した2018年上半期のビール類の出荷量は、2017年の同じ時期と比べて3.6%減って6年連続でマイナス。

上半期としては6年連続過去最低だという。

酎ハイやハイボールが人気になっている一方で進む“ビール離れ“。

ネット上の声のようにざまざまな課題はあるものの、「ちょい生」というサービスがビールの新たな需要を生み出す可能性もあった。


スポンサーリンク


関連コンテンツだよ