ザファブル映画化主演岡田准一

LINEで送る
Pocket

こんにちはtacです。

V6の岡田准一が、南勝久の人気漫画を映画化する『ザ・ファブル』(2019年公開)で主演を務めることが23日、わかった。

岡田は、本作で初の殺し屋役に挑戦。凄腕にして、ボスの指令により1年間休業し、一般人として生活を送るハメになる主人公を演じる。

共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市ら。


スポンサーリンク

ザファブル映画化主演岡田准一

週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数200万部突破、2017年度講談社漫画賞一般部門賞を受賞した原作に基づく本作。岡田演じる主人公・ファブル(英語で寓話の意)は、狙った相手を6秒以内で仕留める殺し屋。

そんな彼が、ボスから人を殺したら処分されるというミッションを突き付けられ、一般人・佐藤アキラとして大阪で新生活をスタートする。

戦国武将・石田三成にふんした前作『関ヶ原』とはうって変わって、凄腕の殺し屋として新境地に挑む岡田は、以下のようにコメントしている。

「今回、初めて大人気漫画原作の映画化作品にチャレンジします。江口カン監督を信じて、キャスト、スタッフの皆様と力を合わせて撮影に臨みたいと思います。初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」

岡田を取り巻く共演陣の顔ぶれも豪華。

アキラの妹となるヨウコに木村文乃、ファブルをプロの殺し屋に育て上げたボスに佐藤浩市、アキラが大阪で出会う初めての一般人女性・ミサキに山本美月。

ファブルの世話人を請け負う真黒カンパニーの面々に安田顕、柳楽優弥、向井理らが決定。安田は社長の海老原に、柳楽はミサキを追い詰める刑務所帰りの海老原の弟分・小島に、向井は海老原と敵対する派閥を率いる専務・砂川に。そして、福士蒼汰が、砂川に雇われ、ファブルを倒して名を上げようとする殺し屋フードにふんする。

脚本に映画『20世紀少年』シリーズや『GANTZ』シリーズなどの渡辺雄介。メガホンを取るのは、カンヌ国際広告祭で三年連続受賞歴を持つCMディレクターの出身で、ローカルドラマ「めんたいぴりり」シリーズなどで知られる江口カン。6月13日よりクランクインし、関東近郊での撮影を経て8月中旬にクランクアップ予定。見せ場であるアクションシーンには海外のスタッフも参加するという。(編集部・石井百合子)

映画『ザ・ファブル』は2019年全国公開

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ