NGT中井りかファンと同棲劇場支配人謝罪

LINEで送る
Pocket

こんにちはtacです。

新潟県を拠点に活動するNGT48でセンターを務める、中井りか(20)の熱愛半同棲を6月16日(土)放送のインターネット番組「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。


スポンサーリンク

NGT中井りかファンと同棲劇場支配人謝罪

富山県出身で、2017年4月にリリースされたNGT48のメジャーデビューシングル「青春時計」ではセンターを務めた。

バラエティ番組「白昼夢」(フジテレビ系)や「スマートフォンデュ」(テレビ朝日系)、「青春高校3年C組」(テレビ東京系)などのレギュラーを持ち、トーク力が高いことから“ポスト指原莉乃”との呼び声も高い。

一方で、“炎上クイーン”とも呼ばれ、6月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では、握手会で面と向かって悪口を言いに来るアンチファンに対して、「うっせー、帰れ!」と反撃しているというエピソードを紹介。

「(最終的な)夢はAKB48のセンター?」と質問されると、

「お金がもらえればなんでもいい」と過激な発言を連発していた。

そんな中井の交際相手A氏は、以前から48グループを応援する関西出身の20代ファン。中井の握手会にも足繁く通っていた男性。

6月11日の夜、A氏は誰もいない中井の自宅マンションに入ったが、その約3時間後、ネット生放送番組「SHOWROOM」の仕事を終えた中井が帰宅。

翌12日の早朝に中井が家を出ると、その約5時間後にA氏も中井の自宅を後にした。

14日、「週刊文春」取材班は中井を直撃。中井は質問に対し、無言で首を横に振り、その場を去った。

所属事務所にも事実確認を求めたが、期日内に回答は得られなかった。

15日、中井は総選挙直前の「SHOWROOM」で、「多分ですけど、みんなのこと傷つけると思います。だけど信じてて欲しいです」と発言。

ファンの注目を集めていた。

「 週刊文春デジタル 」では中井とA氏の半同棲の様子や、直撃取材の模様を収めた関連動画を公開。

週刊文春に男性ファンとの恋愛スキャンダルを報じられたNGT48中井りか(20)について、同グループ劇場支配人の今村悦朗氏が謝罪した。

中井は16日にナゴヤドームで行われた第10回AKB48世界選抜総選挙で37位になったが、スピーチで突然、週刊文春に男性ファンとの恋愛スキャンダルを直撃されたと告白して謝罪。

詳細について尋ねられると「後々分かると思うので、全貌が明らかになってからネットで騒いでください!」と言い切り、

「最後に言わせてください。アイドルだっていろいろあるんだよ!」と笑みをたたえて叫んだ。

SNSやテレビ番組での過激な発言や挑発的な態度などで“炎上アイドル”として売り出し中の中井。

総選挙終了後、何事もなかったかのように「腹減ったわい」とツイートし、批判の声も寄せられたが、

翌17日には「腹ぐらい減ってもいいだろうが(笑)(笑) が第一声の朝です おはようございます」とやり返した。

しかし今回の騒ぎに今村氏は17日、公式ブログで「中井りかがお騒がせをいたしまして、大変申し訳ございませんでした。支配人としてお詫び申し上げます。48グループの一員としての自覚を持って行動するよう、強く反省を促して参ります」と謝罪した。


スポンサーリンク


関連コンテンツだよ