ケイトスペード死去自殺ブランドはどうなる?影響はない

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

米国を代表するファッションデザイナーの一人、ケイト・スペード(Kate Spade)さん(55)が5日、ニューヨークで自殺した状態で見つかった。

警察が明らかにした。


スポンサーリンク

ケイトスペード死去自殺ブランドはどうなる?影響はない

米芸能情報サイト「TMZ」は、スペードさんがパーク街(Park Avenue)の自宅アパートで首をつったと報道。

警察関係者はスペードさんが自殺したことを認めたが、AFPに対し死亡時の詳しい状況はまだ不明だと述べた。

スペードさんは女性誌マドモアゼル(Mademoiselle)などでジャーナリストとして働いた。

後、1993年に夫のアンディ(Andy Spade)さんと共に自身の名を冠したファッションブランドを設立。

明るい色使いや模様をあしらったハンドバッグなどがキャリアウーマンの間で人気を博した。

10年以上前、自身の名を冠した企業「ケイト・スペード・ニューヨーク(Kate Spade New York)」の株式をすべて売却しており、以後は同社の経営には直接関わっていなかった。

ブランドの販売には影響はなさそうだが、

死因が死因だけにマイナスイメージを産みそうだ。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ