山口達也芸能界永久追放?まだ余罪あり?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

番組で共演した女子高生を自宅に呼びつけ、強制わいせつ事件(起訴猶予)を起こした元TOKIOの山口達也。

事件を受けた6日夜、所属していたジャニーズ事務所は山口の契約解除を発表した。


スポンサーリンク

山口達也芸能界永久追放?まだ余罪あり?

ただ、その発表文書の中で「社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る」「どのような形であれ未来を描けるまでを具体的に支援する」と、引き続き山口をサポートしていくことを明記していた。

この支援とは、いったい何だろうか?

サポートするというのは、ハッキリ言えば『金を出してやる』ということ。

『そのかわり、これ以上は悪いことをするな。TOKIOの名前を傷をつけるな、自分から出ていけ』ということ。

ジャニーズにとってみれば、残されたTOKIOの仕事が続けられれば、山口ひとりの食い扶持ぐらい安いもの。

目的は山口の救済ではなく、TOKIOの活動のため。

事件発覚直後、ジャニーズ事務所は和解の決着を強調した80文字程度のFAX1枚をマスコミに送付し、謹慎処分もしない旨を出演番組の関係者らに伝えていたが、事が大きく伝えられるや、大慌てで弁護士を前面に出して山口本人に謝罪会見を開かせ、無期限謹慎処分とした。

その後、ほかメンバー4人が会見を行い、山口から辞表を預かっていることを明かしたが、この時点では結論を出さず、扱いを保留していた。

しかし、山口が「TOKIOに席があるなら戻りたい」とグループ復帰を希望していたことには「甘い」との声も飛び交い、さらに責任者が一切顔を出さない事務所に対しても批判が殺到すると、一転して契約解除。

発表によれば「本人から強い意志表明」があり、事務所社長とリーダーの城島茂が協議し、処分を決定したとされる。

しかし、関係者は「実情は全然違う」という。

渋々解雇したようには見えますが、これがジャニーズにとっての最善の策だった?

あくまでTOKIOの結論を尊重する形にしておいて、その間に事務所は山口を説得した。

契約解除を自分から申し出たことにしよう、と。

そうすれば、残り4人には傷がつかず、事務所への批判も少ない。

現実問題として山口は、もう情報番組の司会は無理。

さらに、バラエティ番組で笑うこともできない。

実質、できる仕事はないので『自分で身を引いてくれたら、あとは食っていけるぐらいの金を払うよ』というわけです。

実際、これでTOKIOは活動を続けることになり、福島県のCMも継続できた。

それが免罪符のようになって、ほかの仕事への影響も最小限で済みそうだ。

そう考えると、「山口から辞表を受け取った」というTOKIO4人の会見も、「自分から辞めたことにして、消えてくれ」という事務所の意向に沿ったものだったのかもしれない。

山口の“辞表”すら、表向きの話だった可能性さえある。

何しろ、これまで大きな問題になっていなかっただけで、山口の“酒と女”の問題は、事務所にとってもグループにとっても頭痛の種だったようだ。

関係者は「酷な言い方ですが、『アル中の厄介者が消えて万々歳』とすらいえる流れ」とまで言っている。

ただ、ジャニーズから契約解除されて芸能界に復帰したタレントは過去におらず、山口は事実上の芸能界追放になったといえる。


スポンサーリンク

今回の事件は氷山の一角まだ余罪がある?

女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所を契約解除となった山口達也に関し、メディアが次々と“余罪”を報じている。

山口は今回の被害者以外に、当時15歳だった少女にも手を出していたという。

『週刊文春』には次々と新たな被害者から証言が寄せられているそうで、5月9日発売号では、過去に山口と関係を持ったという1人の女性に取材。

それによると、当時15歳だったAさんは、街で山口のマネージャーから声をかけられ、そのまま彼らの宿泊する旅館に連れて行かれたとのこと。

そこでは、山口から酒を勧められただけでなく、トイレまで追いかけてきて強引にキスされたと告白。

さらに後日、男女の行為が未経験だという意味と思われますが、『したことがない』と、山口の要請を拒否するAさんに対し、『優しくするから』と山口に最後まで押し切られてしまった。

その際、彼は『DASH村とか、農業とか面倒くさい。正直だりぃよ』と愚痴も言っていたのだとか・・・

また5月8日発売の「週刊女性」は、山口が出演したCM撮影の打ち上げの様子を掲載。

記事によれば、その現場にて彼は、着席した状態で自分のジャケットを足にかけ、その下でスタッフ女性に下半身を触らせていたという。

これらの“余罪”が多数出てきたことで、にわかには信じがたい内容の、あるネット上の“告発”までがふたたび注目を集めているという。

山口の事件が明るみになった当初、『私もキスされた』とつづったある女性のツイッターが話題となっていた。

そのアカウントには、山口との待ち合わせ場所や、ホテルでのやり取りが具体的に記されており、彼は『向井理に会わせてやるから』と言って、関係を迫ってきたとのことです。

その際、あろうことか、女優の下半身に野菜を押し込む艶系ビデオを見せられ、ゲラゲラと笑ったり、『DASH村、ダム湖になんねーかな』と言っていたとも。

さらに、山口はベッドの上でカメラを回すらしく、撮影したビデオを大量に所持しているということまで暴露風につづっていた。

信憑性は不明で、当初はあまりにもひどすぎる内容で、あまり注目されていなかったんですが、最近になって報道された山口の言動が、このツイッターに登場する山口のそれに似た雰囲気があるとして、ネットでは『あの告発、実は本当だったのではないか』と憶測が広がっている。

今後も、次々と「被害者の証言」が表に出てくることとなるかもしれない

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ