猪狩ともか車椅子生活脊髄損傷症状

LINEで送る
Pocket

こんにちはTacです。

地下アイドル・仮面女子の猪狩ともかが「脊髄損傷による両下肢麻痺」となり、今後は車椅子での生活となることが7日、分かった。

猪狩がブログで明かした。

猪狩は4月に強風で倒れた看板の下敷きとなり、入院中だった。


スポンサーリンク

猪狩ともか車椅子生活脊髄損傷

仮面女子の公式ツイッターには「強風で看板が倒れ下敷きになる事故にあった仮面女子の猪狩ともかですが『脊髄損傷による両下肢麻痺』となり、自分の力で脚を動かす事が困難で今後は車椅子での生活になります」と説明。

「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかをよろしくお願いします」とつぶやかれた。

猪狩はブログも更新。

「私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすら出来なくなってしまいました。治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされました」と完治は困難とし、

「体調、怪我は徐々に良くなり、今は自立した車椅子生活を送れるよう毎日リハビリに励んでいます。退院は今から3カ月後の予定です」と車椅子生活に慣れるためのリハビリを行っているという。

突然の車椅子生活に「私自身、状況を把握、受け入れるのに相当な時間がかかりました」とつづり、

「ファンの皆さんに何とお伝えしたらいいか分からなかったこと、そんなことを考えていると、なかなか文章にまとめることができず、ご報告が遅くなってしまいました。ごめんなさい」とファンへ謝罪した。

車椅子生活となったことで、今後の活動についても「絶望しました」と諦めかけたが、

周囲の人や、ファンからの励ましで「車椅子の猪狩ともかとしての活動を自然と想像している自分がいました」とつづり

「脚が動かなくなっても、車椅子に乗りながらやりたいことはたくさんあります」としっかりと前を向いた。

「仮面女子の曲を作詞したいです」「ラジオや講演、司会など、お話する仕事をしたいです」「生きている限り埼玉西武ライオンズの応援をし続けていきたい、野球のお仕事をしたい」「手記を本にしたいです」と夢をつづり「私は前を向いています。もう心配しないでね」と呼びかけていた。

スポンサーリンク

脊髄損傷症状

損傷の程度により、「完全損傷」と「不完全損傷」に分けます。

「完全損傷」とは、脊髄の機能が完全に壊れた状態であり、脳からの命令は届かず、運動機能が失われます。

また、脳へ情報を送ることもできなくなるため、感覚知覚機能も失われます。

すなわち、「動かない、感じない」という状態となります(麻痺)。

しかし、全く何も感じないわけではなく、ケガをした部位から下の麻痺した部位に、痛みや異常な感覚を感じます。

「不完全損傷」とは、脊髄の一部が損傷し一部機能が残った状態であり、感覚知覚機能だけが残った重症なものから、ある程度運動機能が残った軽症なものまであります。

受傷後、時間がたって慢性期になると、今度は動かせないはずの筋肉が本人の意思とは関係なく突然強張ったり、けいれん(痙攣)を起こすことがあります(痙性)。

麻痺の程度によっては、手ではハシを使うことや字を書くことが困難、あるいはできなくなり、特殊な道具が必要となります。

足では歩くことが困難、あるいはできなくなり、杖や車イスが必要となります。さらに、高い位置の頚椎レベルで脊髄損傷となると手足だけでなく呼吸筋まで麻痺し、人工呼吸器なしには生きられなくなります。

排便や排尿などの排泄機能も障害されますから、オムツや導尿カテーテルなど、排泄に必要な道具が必要となります。

また、男性では勃起などの性機能も障害されます。

運動・感覚だけではなく、自律神経系も損傷されます。

麻痺した部位では代謝が不活発となるため、ケガなどは治りにくくなります。

また、汗をかく、鳥肌を立てる、血管を収縮/拡張させるといった自律神経系の調節も機能しなくなるため、体温調節が困難となります。

参照:http://www.research.johas.go.jp/sekizui/

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ