イチロー三振率現役引退?特別アシスタントへ

LINEで送る
Pocket

こんにちはtacです。

「50歳まで現役」と話していたシアトル・マリナーズのイチロー選手(44)が、今シーズンの残りの試合には出場せず、球団の「特別アシスタント」に就任することがわかった。


スポンサーリンク

イチロー現役引退?特別アシスタントへ

マリナーズは、イチロー選手が3日以降、出場選手枠から外れ、「特別アシスタント」に就任すると発表した。

イチロー選手には、今シーズン、チームに同行してもらい、選手としての経験を生かして、現役選手やスタッフらのアドバイザー役を務めてもらうとしている。

2018年、6年ぶりにマリナーズに復帰したイチロー選手。

日本時間4日午前中に記者会見する見通しで、何を語るのかが注目される。

イチロー三振率

イチロー 増えた三振率 13年39歳以降
参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00199201-nksports-base

米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(44)が本拠地セーフコフィールドで会見を行い、今季の残り試合に出場せず球団の会長付特別補佐に就任すると明かした。

渡米した01年から10年まで10年連続で打率3割を記録したイチローだったが、その10年を最後に打率3割は1度もなかった。

その中で気になるのは三振割合の増加。

かつては10%未満が当たり前だったが、13年以降は6年連続で10%以上と明らかに三振が増えている。

メジャー平均は16%ほどなのでイチローの成績は悪くないものの、やはりかつての姿からの「衰え」は隠せない。

三振が増えたことには、バットに当てる力が低下したのも一因となっている。

相手投手の投球をどれだけバットに当てられたかを表すコンタクト率を見ると、最初の10年平均では89・2%だったが、ここ3年は85・7%→83・4%→82・9%。この数字自体も決して悲観するほどのものではないが、バットに当てる力は年々低下しているといえる。

特にイチローの場合は本塁打を何本も打つようなタイプでなく、内野安打などでヒットを量産するタイプだけに、打率を残すにはまずはバットに当てることが不可欠。

年齢を重ねるほど速球についていくのも難しく三振が増えてしまうことは避けられないが、イチローも例外ではなかった。


スポンサーリンク


関連コンテンツだよ