進撃の巨人最新24巻でエレンが負傷兵として紛れ込んでいたことが判明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

進撃の巨人最新24巻でエレンが負傷兵として紛れ込んでいたことが判明


スポンサーリンク

進撃の巨人最新24巻でエレンが負傷兵として紛れ込んでいたことが判明

負傷兵はエレンだと判明

「こっちです 行けば分かりますよ!」

お祭り騒ぎの中、ライナーをファルコがどこかへ誘導していきます。

ライナー「いったいどうしたんだよ」
質問するも、ファルコは行けば分かります、と言ってライナーを導きます

ファルコ「こちらです」

ライナーが連れていかれた先は、とある地下室へ・・・

そして、そこにいたのはあの負傷兵でした。

と、ここで
出典:『進撃の巨人』第98話

「・・・よう 4年ぶりだな ライナー」

ライナー「・・・エレン」


スポンサーリンク

驚いたライナーの表情は目が点になっています。
出典:『進撃の巨人』第98話



エレン「よかったな 故郷に帰れて」

なんと負傷兵の正体はエレンだったのです( ゚Д゚)ウマー



まるで、ライナーがパラディ島へ潜入していたときと逆のようなことをしている。

エレンのこの表情からは、怒っている風には見えません。

いったいどんな心境で潜り込んだのでしょうか?

若かりし頃のエレンだったら怒り狂って飛びかかるんでしょうけど、4年経った今、エレンはいったい何を思っているんでしょう・・・

そしてマーレ軍に潜入していた理由が次の巻でははっきりしそうです。

まだまだ面白くなりそうな進撃の巨人目が離せません。

21巻から23巻までパラディ島内での出来事が少なかっただけに一気に進展しそうですね。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ