ジャンクスポーツ好発進。フジテレビ躍進なるか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

ジャンクスポーツ好発進。フジテレビ躍進なるか?


スポンサーリンク

ジャンクスポーツ好発進。フジテレビ躍進なるか?


お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功(54)がMCを務めるフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)が28日、3時間拡大版でスタートし、平均視聴率は10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

同局の同枠は、

16年11月にスタートしたフリーアナウンサーの古舘伊知郎(62)が司会を務めるバラエティー番組「フルタチさん」が1年足らずで終了。

続いて編成した3時間の大型特番枠「ニチファミ!」も1桁台で推移するなど苦戦。

今番組が8年ぶりに復活し2桁発進。

20%超えを連発する日本テレビの看板バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)やNHK大河ドラマが居並ぶ“激戦区”で健闘。

ジャンクスポーツ

番組は各分野のアスリートをスタジオに招き、浜田の鋭い突っ込みとクロストークで本音を引き出していくスポーツバラエティー。

00年4月に深夜番組としてスタート。

04年1月からゴールデン帯に進出。

10年3月にレギュラー放送が終了。

以降も不定期でスペシャル放送され、今期に約8年ぶりにレギュラー復帰。

初回は、陸上の藤光謙司(31)がモットーの「ほとんど練習しない」理由を明かしたほか、

カヌーの羽根田卓也(30)がスロバキアのテレビ番組で観客を爆笑させた話を披露。

また、アスリートの驚異的な身体能力をいかした対決ゲーム新企画「ジャンクマッチ」も実施。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ