Youtube規約改定内容は?多くの人が広告(収益)を出せなくなる

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

Youtube規約改定内容は?多くの人が広告(収益)を出せなくなる


スポンサーリンク

Youtube規約改定内容は?多くの人が広告(収益)を出せなくなる


いまや芸能人並みの知名度を誇る人気者も少なくないユーチューバー。

年収1億円超えを果たす成功者も多く、若者にとっては“あこがれの職業”の一つとなった。

その成功にあやかりたいとYouTubeの公式チャンネルを開設する芸人も少なくない。

お笑いと動画では勝手が違うのか、成功しているケースはほとんどないというのが実情だ。

成功しているゴー☆ジャスのように登録動画が軒並み数万回の再生回数を集める例もありますが、これはむしろ例外的な存在。

ほとんどの芸人ユーチューバーは、高校生の素人配信にも負ける始末。

たとえば日本エレキテル連合は平均2000回程度、山本圭壱やねづっちに至ってはほとんどの動画が1000回未満。

それでもネットニュースに取り上げられることで、いきなり数十万再生のスマッシュヒットになるケースもたまにあります。

そんなラッキーを期待している芸人ユーチューバーにとって、夢を絶たれる規約改定が2月に行われる。

スポンサーリンク

規約の改定内容は?

アメリカ本国では「YouTubeパートナープログラム」への参加条件として「過去12カ月の総再生時間が4000時間以上」といった高いハードルを課すというのである。

さらに登録者数が1000人という規定も追加される。

そのアメリカではすでに昨年4月、総再生回数が1万回未満のチャンネルでは広告が表示されなくなっていた。

これらの措置が日本にも導入される。

こうなると多くの芸人ユーチューバーだけでなく多くの人物が、動画では1円も稼げなくなる危機になる。

ちなみに、山本圭壱はYouTubeチャンネル用にわざわざテーマソングまで作っていたが、そういった努力も無駄になるかもしれない。

安易なユーチューバー転身に歯止めがかかる可能性は大きいのではないだろうか。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ