住吉都死因は?自殺?病気?ソチ五輪スピードスケート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTacです。

住吉都死因は?自殺?病気?ソチ五輪スピードスケート


スポンサーリンク

住吉都死因は?自殺?病気?ソチ五輪スピードスケート

スピードスケート女子短距離で2014年ソチ冬季五輪代表だった住吉都(すみよし・みやこ)さん。

20日、長野市の自宅で亡くなっていたと23日、所属先のローソンが明らかにした。

年齢は30歳。

死因などは公表していない。

通夜、葬儀は遺族の希望により非公表。

住吉都


北海道釧路市出身。

信州大では平昌五輪代表の小平奈緒(相沢病院)と同級生。

小平とともに出場したソチ五輪は女子500メートルで14位。

1000メートルで22位だった。

昨年12月の平昌五輪代表選考会では、代表の座を逃していた。

アスリートの突然死だけに普段から体調管理を行っていることから病気での死因は正直考えにくいのだが、、、

公表されていないことから自殺の可能性が高いのではと感じてしまう。

どちらにせよご冥福をお祈りしたい。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ