鈴木雅之不倫?妻黙認?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTacです。

鈴木雅之不倫?妻黙認?


スポンサーリンク

鈴木雅之不倫?妻黙認?


実は、鈴木さんには奥さん以外に20年以上交際している女性がいる。

相手は40代の一般女性。

彼女は表向きには鈴木さんのファンクラブを運営する会社の役員。

“ラブソングの王様”として君臨する、Martinこと鈴木雅之(61)。

ソロになって31年。

しかし、鈴木には下積み時代から二人三脚で人生を歩んできた同級生の妻(61)がいるはず。

鈴木雅之

56年、東京・大田区内にある旋盤工場の経営者の長男に生まれた。

75年、鈴木が19歳のころ同級生らとともに『シャネルズ』を結成。

デビュー曲『ランナウェイ』が大ヒット。

デビューした頃の月収は20万円。

お金がなくて、当時まだ彼女だった奥さんが衣装を手作りしていた。

妻は、鈴木が両親と同居するために建てた大田区内の自宅で今も暮らしている。

庶民的な方で、自転車に乗ってスーパーに買い物に行くところをよく見かけます。『最近キャベツが高いわ~』なんてボヤくことも。

最近は『ポケモンGO』にハマっていて、いつもポケモンを捕まえに外出(笑)。

でも夕飯時には『夫が帰ってきちゃう!』と急いで帰宅。

20年以上も不倫を続けているという鈴木。

夫婦生活が破たんしているわけではないらしい。

スポンサーリンク

不倫は黙認?

奥さんは2人の不倫関係を知りながらも『芸の肥やしになるなら』としている様子。

女性自身ではそんな鈴木のデート現場キャッチされている。



庶民派の本妻と、全身ブランド物の愛人。相対的な2人だが、鈴木は過去のインタビューで理想の女性像についてこう語っている。

《理想の女性とは、男にとって都合のよい女ということになると思う。(中略)かゆいところに手が届くといった意味である》(88年6月『Checkmate』)

自宅のガレージに駐車しようとする鈴木に、記者が声をかけると、鈴木は血相を変えて車の窓を閉め、そのまま車で“ランナウェイ”!

だがすぐに、自宅近くの踏切で停車。「彼女はうちのスタッフです……」とうなだれた。

記者が矢継ぎ早に質問するも「あとは事務所に聞いて」の一点張り。鈴木はため息をつきながら、その場を後にしている――。

後日、鈴木の所属事務所に鈴木の関係についてコメントを求めると「長年に渡り我々を支えてきてくれたスタッフの一人であり、信頼できる仲間として、それ以上でもそれ以下でもございません」との回答があった。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ