ポプテピピックお面事故事件公式が中止発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

ポプテピピックお面事故事件公式が中止発表!


スポンサーリンク

ポプテピピックお面事故事件公式が中止発表!

現在放送中のアニメ『ポプテピピック』の公式ツイッターが21日、東京・秋葉原で予定していた同アニメ登場のキャラクター「クローンポプちん」のお面配布イベントについて、現場に人が殺到したことによる混乱を受け中止したことを発表した。

『ポプテピピック』


竹書房のウェブコミック配信サイト『まんがライフWIN』にて2014年11月29日より連載し、SNSを中心に人気を獲得。

同社の『まんがライフ』2015年1月号・2月号では巻末の目次ページにゲスト作として掲載。

作風は主に時事ネタや、ブラックユーモア、風刺ギャグ、ナンセンス、スラップスティック、1980年代後半以降のアニメやゲーム、ドラマなどを元ネタとするパロディが見受けられるが、下ネタをあまり使っていないのが特徴。

中でも、出版元の竹書房を殴って破壊したり暴力団に揶揄する回は評価が高く、検索サジェストで上位を記録するなどの影響を与えた。

2015年11月7日に打ち切りとなったが、単行本発売に合わせて、同年12月7日に新作エピソード『ポプテピ劇場版』を限定公開した。

しかしアクセスが集中しすぎたため、同年12月24日に再公開。

作者の大川は2016年2月18日より同サイトで新作ラブコメ漫画『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』の連載を開始。

しかしそれはフェイクであり、新作の正体は『ポプテピピック セカンドシーズン』であることが翌19日に明らかになり、連載が再開された。

2017年4月30日に再度打ち切りとなる。

打ち切りと同時に2冊目の単行本を刊行。

2016年8月25日からは、全国に展開する「プリンセスカフェ」にて期間限定で本作とのコラボイベントが開催され、午前中で整理券配布が終了するほどの盛況ぶりを見せた。

また、同年新宿マルイアネックスにて開催された、専用キャラクターショップ「ポプテピピック ポップアップショップ(POP TEAM EPIC POP UP SHOP)」では、「オリジナルポプテピピックを描こう!」というポプ子のコスプレキャラクターを描くイベントが開催され、こちらも連日の盛況を迎えた。

同所で作成され掲示された作品はかなりの数に上る。

この人気ぶりのために、翌年には名古屋・大阪・福岡に移動出店を行い、加えて「帰ってきた」の冠名を付けて新宿マルイアネックスにて再度同イベントを開催。

さらにアニメ放送開始に伴い、ポップアップショップで販売された各種グッズもアニメ関連店舗で入手が可能となった。

2017年10月10日より『ポプテピピック シーズン3』の連載が開始。

これは、本来同日より後述の通り開始予定だったアニメの放送開始に合わせたものだった。

アニメは2018年1月から開始と変更となっている。

事故事件

ツイッターでは「本日15時と16時からアニメイト秋葉原にて予定しておりました、『クローンポプちん』(お面)配布会ですが、沢山の方が集まり過ぎてしまったため、危険な状況と判断させていただき、中止とさせて頂きました。誠に申し訳ございません」と謝罪。

ネットでは、現場に人が殺到し大混乱となっている模様が続々と報告され、警察が出動する様子なども拡散されていた。

同アニメは大川ぶくぶ氏による4コマ漫画が原作で、今年1月よりTOKYO MXなどで放送を開始。

30分間の放送中、前半と後半でほぼ同じ内容を放送していることや、毎回メインキャラクターの担当声優が替わるなど斬新な内容で大きな話題を呼んでいる。

「クローンポプちん」は20日深夜(21日、午前1時)放送の第3話で登場したキャラクター。

放送直後、ツイッターで急きょ同イベントの実施が告知されていた。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ