鞄の種類一覧ビジネスからカジュアルまで

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

鞄の種類一覧ビジネスからカジュアルまで


スポンサーリンク

鞄の種類一覧ビジネスからカジュアルまで

トートバッグ

王道の人気アイテムと言えばトートバッグ。


トート(tote)とは運ぶという意味です。

実用的な台形のバッグで最も実用的と言われています。

肩に掛けることも出来るので、様々なシーンで活躍する持っていると便利なバッグです。

カジュアルなファッションやキレイめのファッションにもよく合います。

定番のアイテムではありますが、荷物が少ない男性がトートバッグを持っているとどこかこなれた雰囲気が出るので不思議です。

大きさがある分目立つので、アウターやパンツなどのアイテムとカラーを合わせるとコーディネートに馴染んでくれます。

ビジネス用であればスムースレザー(表面がスムース(なめらか)な革)素材、カジュアルなファッションにはナイロン素材やキャンバス素材がオススメです。


ボディバッグ


ボディバッグとは一本のベルトで持つバッグのことで、少量の荷物を入れるのに適しています。

肩に斜めにかけて持ち運ぶので、両手が自由になり手がふさがってしまうということがありません。

ファッション感覚で身に着ける事ができ、ちょっとした外出にも最適です。

女性で持っている人は少なく、ワイルドな印象なので男らしさもアピール出来ます。

チノパンやカーゴパンツ、デニムなどカジュアルなパンツによく合います。
オススメの素材はレザー系やナイロン。

幅広いスタイルで活躍します。


ボストンバッグ


底が長方形でふくらみがあり、2本の手提げがついたバッグをボストンバッグと言います。
元々はボストン大学の学生が愛用した事からその名前がついたと言われています。
旅行用のバッグというイメージが強いかもしれませんが、現在はコーディネートの一部として気軽に持てるようなデザインが多く発売されています。

小さめのバッグを持つ男性が多い中で、ボストンバッグを持っていると上品でおしゃれな男をアピール出来ます。

スタイリッシュな印象のスタンドカラーのアウターがよく合いますね。

ボストンバッグと言えばレザーやエナメル素材などのイメージがありますが、旅行など荷物をたくさん持ち運びたい時、カジュアルなファッションに合わせたい時には軽量のナイロン素材をオススメします。


クラッチバッグ・セカンドバッグ


肩ヒモのついていない小型のハンドバッグの事をクラッチバッグと言います。
トートバッグなど大きいハンドバッグの中に入れてバッグインバッグとして使う事もあるためセカンドバッグとも言います。
以前は脇に挟むように持つのが主流でしたが、
現在はその名の通り掴む・握る(クラッチ)持ち方がオススメです。
レディースのイメージが強いですが、
オシャレ度の高い男性の間でも注目されていて周りと差を付ける事が出来ます。
こなれ感があって女の子ウケもいいなんて、是非挑戦したいですよね。
比較的どんなコーディネートにも合うので実は使いやすいアイテムです。
オススメの素材はレザー系やキャンバス素材。
荷物を入れ過ぎてバッグが膨れるとスタイリッシュさが無くなってしまうので荷物は極力減らすようにしましょう。


スポンサーリンク

ショルダーバッグ・斜めがけバッグ

その名の通り、肩からさげて使うバッグの事をショルダーバッグ(斜めがけバッグ)と言います。
肩からさげる事で両手が開くので、男女ともに人気のバッグです。
ショルダーバッグ単体よりも、トートバッグやボストンバッグに肩ヒモ(ショルダー・ショルダーストラップ)がついていて2wayで使えるタイプが多く発売されています。
様々な素材がありますが、
ショルダーバッグは一歩間違えると子供っぽく見えてしまうので
レザー系やナイロン素材を選ぶとコーディネートに取り入れやすいです。


バックパック・リュックサック

最近よく聞くようになったバックパック。実は耳馴染みのあるリュックサックと同じ意味なんです。
バックパックは英語、リュックサックはドイツ語なんですね。
最近ではバックパック一つを背負って旅に出かける「バックパッカー」から、大きなリュックサックの事をバックパックと呼ぶ事が多いです。
また、1日分の荷物が入るくらいの小さいサイズのものを1DAYPACK=デイパック、Dパックと呼びます。
男女問わずカジュアル派に人気で、荷物がたくさん入ったり両手が開くので楽に持ち歩ける事が特徴です。
様々な素材のものが発売されていますが、定番はナイロン素材。
旅行やスポーツなど、使用頻度が多いので耐久性を重視したい!という方は
バリスティックナイロンを使ったものがオススメです。
元々は防弾チョッキなど軍用に開発された素材なので通常のナイロンの5倍の強度があり、
破れない・シワが付きにくい・高級感もあるので近年では高価なバッグブランドでも使用されています。


ビジネスバッグ

ビジネスバッグとは、サラリーマンなどの会社員の方が営業や会社に通勤するために使うビジネス用のバッグの事です。
ビジネスバッグは機能性が優れていることが重要視されるので、
収納力や耐久性、重量にこだわったデザインが多く発売されています。
書類が入る大きさかどうかも重要ですが、
通勤は徒歩なのか?電車や車に乗るのか?通勤時間はどれくらいなのか?
など通勤スタイルに合わせて選びたいですね。


エディターズバッグ


デザイン性と機能性を兼ね備えたバッグをエディターズバッグと言います。
編集者のバッグという意味で、
ファッション系の編集者が取材に行く時に使うため
荷物もたくさん入りスタイリッシュなデザインなのでプライベートからビジネスまで幅広く使えます。


メッセンジャーバッグ


自転車便の配達人向けに作られたメッセンジャーバッグ。
クーリエバッグとも呼ばれています。
片方の肩からストラップを斜め掛けにして背負います。
内部が耐水加工されているものが多く、ファッションとしてコーディネートに取り入れる方が多くいます。
世代問わず持てるので、持っていると便利なバッグです。
主にナイロン素材が主流なのでレザー系を選んで周りと差を付けるのも良いですね。


ドラムバッグ


スポーティーな見た目と、コンパクトかつ大容量で持ち運びのしやすさから人気のドラムバッグ。
その名の通りドラム缶に似た円筒状の形をしていています。
ロールボストンバッグとも呼ばれています。
ショルダーストラップのついた2wayやバッグパック(リュックサック)のように背負えるストラップがついた3wayもあります。
元々は太鼓や打楽器を入れるために作られたバッグですが、
いつしかスポーツ用具を入れたり旅行用のバッグとして使われたりとメンズバッグの定番になりました。
ナイロン素材を使用しているものがほとんどなので、丈夫なのも魅力です。


サコッシュ


サコッシュとはフランス語で「袋」という意味で、
元々自転車のロードレースで走行しながら飲み物などを受け渡しするために使用されたバッグの事です。
必要最低限の荷物が入るコンパクトなサイズ感と中身の取り出しやすさ、
軽さが人気でアウトドアだけではなくファッションとして取り入れられています。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ