狩撫麻礼さん死去。漫画「オールドボーイ」「リバースエッジ 大川端探偵社」作者

LINEで送る
Pocket

こんにちはTacです。

漫画「オールドボーイ」「リバースエッジ 大川端探偵社」などの作品で原作を務めた漫画原作者の狩撫麻礼(かりぶ・まれい)さんが1月7日に亡くなった。14日に小学館が発表。


スポンサーリンク

狩撫麻礼さん死去。漫画「オールドボーイ」「リバースエッジ 大川端探偵社」作者

小学館は14日にウェブサイト「ビッグコミックBROS.NET」にて「原作者・狩撫麻礼氏が逝去されました」と訃報を伝えた。


狩撫麻礼さんは1979年に「EAST OF THE SUN, WEST OF THE MOON」(画・大友克洋)で漫画原作者としてデビュー。

ひじかた憂峰、土屋ガロンなどの別名でも活動。

これまで池上遼一、弘兼憲史、浦沢直樹、中村真理子、松本大洋、かわぐちかいじなど数々の漫画家とタッグを組み、多くの作品を生み出してきた。

松田優作が主演した映画「ア・ホーマンス」など、これまで映画やドラマと何度も実写化。

韓国で映画化され、2007年のカンヌ映画祭審査員大賞に輝いた映画「オールド・ボーイ」の原作「ルーズ戦記 オールドボーイ」は土屋ガロン名義で手がけた作品。

ひじかた憂峰名義で手がけた「湯けむりスナイパー」「リバースエッジ大川端探偵社 」はテレビ東京系で実写ドラマ化されている。

漫画家いましろたかしとタッグを組んで1990年代に発表した漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が、2018年の山田孝之主演・プロデュースで映画化されることも決まっていた。

小学館によれば、近親者で葬儀は終えており、お別れ会については未定という。

スポンサーリンク

生涯

少年時代は東京都の下町で過ごす。

高校生の頃に読んだ白土三平の『カムイ伝』に強い影響を受ける。

高校卒業後、職を転々とするが、30歳の頃に一念発起し漫画原作者になるべく小池一夫の私塾「劇画村塾」一期生として学ぶ。

1979年、『シリーズ輪苦の長い旅 ザ・リミット』(画・園田光慶、週刊漫画ジョー掲載)で原作者としてデビュー。骨太な筋立ての劇画原作を数多く手掛ける。

1986年に『ア・ホーマンス』が松田優作主演・監督で映画化されたのに続き、『迷走王 ボーダー』と『土岐正造トラブルノート ハード&ルーズ』がヒット、代表作となる。

『タコポン』の1995年の連載終了以降は、狩撫麻礼名義での作品発表はなく、以後作品ごとに別個のペンネームを使用している。

その理由としては、読者や編集部から過去の作品の固定化したイメージを求められることに不満だったこと、『タコポン』が無反応だったのでどうやらワンサイクルが終わったと判断し、再デビューするつもりで「狩撫麻礼」の名を用いるのを止めたという。

だがその独特の作風=狩撫節から、狩撫麻礼作品と特定することは比較的容易。

最近の単行本の表記では、これらの別名のあとにカッコつきで狩撫麻礼とクレジットされることもあるが、編集サイドの意図によるものと思われる。

『ルーズ戦記 オールドボーイ』(画・嶺岸信明、原作は土屋ガロン名義、週刊漫画アクション連載)は、2007年のアイズナー賞最優秀日本作品部門を受賞。

また、同作を原作として、韓国にて朴贊郁(パク・チャヌク)監督のもとに映画化された『オールド・ボーイ』が2004年のカンヌ映画祭審査委員大賞を受賞。

2018年1月7日、死去。

70歳没。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ