有安杏果今後は?ももクロをアイドル引退!卒業宣言理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

有安杏果今後は?ももクロをアイドル引退!卒業宣言理由とは?


スポンサーリンク

有安杏果今後は?ももクロをアイドル引退!卒業宣言理由とは?

アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(22)がグループを卒業する。

15日、グループの公式サイトと自身のブログで発表。

1月21日のライブがラストライブ。

卒業の理由は?

普通の女の子の生活を送りたい!

有安は「ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と卒業を決断した理由を説明。

そしてメンバー、スタッフやファンに感謝し、「みなさんにはどれだけ『ありがとう』と言っても、感謝の想いを伝えきれません。今回の私のわがままに対してはいろんな意見があると思いますが、8年間一緒に歩いてきたみなさんの中に『お疲れ様』と言ってくれる人が一人でもいたら嬉しく思います。8年間、本当にありがとうございました」としている。

有安杏果卒業!引退宣言コメント全文
こんにちはTac^^です。 有安杏果卒業!引退宣言コメント全文

今後は?

今後については「具体的には何も決まってません。逆に何も予定のない日々を人生で一度くらい過ごしてみたいなと思ってます」としている。

有安杏果

2009年7月、「ももいろクローバー」に加入。

ダンスと歌唱力を武器に活躍していた。

13年には喉の治療で2カ月声が出せなくなるアクシデントに見舞われた。

15年には扁桃腺摘出手術を受けた。

昨年3月には芸能活動と学業を両立し、日本大学芸術学部写真学科を4年で卒業。


同10月には初のソロアルバム「ココロノオト」をリリースし、日本武道館での単独公演も行った。

イメージカラーは緑。

スポンサーリンク

ももクロ

2008年の結成後、路上ライブを行っていた代々木公園はNHKホールに隣接していたため、紅白歌合戦への出場、という夢を抱くこととなった。

メジャーデビュー発表会見では、紅白とともに日本武道館でのライブ開催を目標として宣言。

同時期にDVDで観た嵐の国立競技場公演にも感銘を受け、デパートの屋上でライブを行った際には国立をイメージした舞台を設営するなど、より多くの人前で歌を届けることを夢見ていた。

そして長く愛されるグループとして前述の嵐やSMAP、ザ・ドリフターズのような存在を女性グループとして目指し始める。

数年をかけてさいたまスーパーアリーナでのライブを実現。

客席数の面からは“武道館の目標”に到達。

そして、アルバム『バトル アンド ロマンス』がCDショップ大賞(全国の店員による投票で決定)を受賞。

グループの存在が一般的に知られるようになった。

田中将大投手が好きというのでも有名になった節がある。

その後、目標の武道館ライブが実現し、悲願であった紅白歌合戦出場も果たした。

紅白出場の翌日には、国立競技場でのライブ開催を、正式に次の目標として宣言。

さらに、2020年のオリンピック開催地が東京に決まると、メンバー全員が祝福のコメントをブログで発信するとともに「開会式で歌いたい」という夢も掲げていたが全員でということにはならない形と今回なった。

国立競技場は改修される運びとなっていたが、工事開始直前の時期に“ライブ開催”の夢は実現。

女性グループでは初の快挙となり、2日間で11万人が来場。

ライブ中にメンバーは、以前から掲げていた5人で末永く続くグループでありたいという思いを観客に向けじっくりと語っていた。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ