『勝手にふるえてろ』映画!ヌードより官能的な濡れ場表現

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

『勝手にふるえてろ』映画!ヌードより官能的な濡れ場表現


スポンサーリンク

『勝手にふるえてろ』映画!ヌードより官能的な濡れ場表現


芥川賞作家・綿矢りさの同名短編小説を、松岡茉優主演で映画化した話題作『勝手にふるえてろ』。

公開以来ネットでの評価も非常に高い本作。

観客の注意を引くそのタイトルからは、いまいち全体像が掴みにくい本作。

ストーリー

24歳のOLヨシカは、中学時代の同級生のイチへ10年間片思い中!

過去のイチとの思い出を脳内召喚したり、趣味である絶滅動物について夜通し調べたり、博物館から実物のアンモナイトの化石を払い下げてもらったりと、一人忙しい毎日。

そんなヨシカの前に会社の同僚で熱烈に愛してくれる「ニ」が突如出現!

「人生初告られた!」とテンション上がるも、イチの存在のためいまいち乗り切れないヨシカ。

そんな中、ある出来事をきっかけに「一目でいいから、現在のイチに会って前のめりに死んでいこう」と思い立ち、同級生の名を騙り中学の同窓会を計画!ついに再会の日が訪れるのだが・・・。

予告編


スポンサーリンク

原作との違い

映画と原作は別物、その大胆な脚色こそ本作の見所だ!

原作では、映画版ほど主人公は孤独では無いし、コミュ障でも無い。

実際同窓会の場面でも、遙かに友人やイチとコミュニケーションが取れているし、会社を辞めた後も田舎の両親に電話で相談している。

それに対して映画版では、主人公が日常で出会う人々との関係を通して、最終的に主人公の「絶望的な孤独」を表現することに成功している。

次々に登場する非常に個性的な脇役たちの中で、特に観客の印象に残るのはアパートの隣人「オカリナ」を演じる片桐はいりの強烈な個性だろう。

ところが原作小説には、実はあの「オカリナ」も、ヨシカの日常生活に登場する個性的な人々も一切登場しない!と言ったら、おそらく原作未読で鑑賞された方は「えーっ!」と驚かれるのでは?

そう、当然映画終盤から展開する、主人公を絶対的な孤独に一気に突き落としながら、同時に観客の気持ちを一気に高揚させる例の「どんでん返し」も、原作には無い映画独自の脚色。

普通に考れば、これほど登場人物を新たに追加したら、作品全体の雰囲気とバランスを壊しかねないのでは?そう思うところだが、これが大九監督の手にかかると、もはやあのキャラ・あの展開無くして「勝手にふるえてろ」は考えられない、そう思える程にハマっているのが見事!

更にもう一つ、直接的な濡れ場が登場しない本作において、大九明子監督がラストに用意したのが、原作には登場しないヨシカの処女喪失を「裸にならないSEX描写」で見事に表現したシーン!

原作にも登場する印象的な小道具「赤い付箋」を実に効果的に使いながら、服を脱いで裸で絡むこと無く、見事に男女のSEXシーンを表現した素晴らしさ!

裸での絡みよりも遙かに官能的なこのシーンこそ、文句無く2017年のベスト濡れ場なので、ここは是非劇場でみて欲しい!

まとめ

最近続々公開されている、人気マンガの映画化作品たち。

しかし、残念ながら多くの作品が原作通りのビジュアルを再現することに重点を置くあまり、生身のキャストのコスプレ度ばかりが高くなり、結果的に観客の拒否反応と違和感が増大して失敗する傾向が強くなっている。

それに対して本作の成功要因は、原作をどれだけ変更・脚色して更に面白くするか、その工夫と努力を惜しまなかった点にある。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ