タラレバ娘漫画家作者東村アキコ2度目の離婚

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

タラレバ娘漫画家東村アキコ2度目の離婚


スポンサーリンク

タラレバ娘漫画家作者東村アキコ2度目の離婚

人気漫画家の東村アキコ氏が24日、フェイスブックで今年4月に離婚していたことを報告。

東村氏は大ヒットドラマ「東京タラレバ娘」

来年1月からフジテレビ系月9ドラマ枠で放送される「海月姫」

などの作者。

最初の夫はIKKAN。

できちゃった婚だったが、本人は妊娠していた事に大喜び。

誕生した息子の名前は「悟空」。

通称ごっちゃん。

2004年にIKKANと結婚し、2008年に離婚するまで別居婚。

子育てはほぼ1人で行い、仕事場が自宅だった。

時折両親が上京して手伝っていた。

日曜は仕事を完全オフにし、子供と過ごしていた。

2013年にファッションデザイナーの安藤悟史と再婚。

安藤とは2017年4月に離婚したことを、2017年12月24日にFacebookで発表した。


東村 アキコ詳細


生誕 1975年10月15日(42歳)宮崎県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1999年ー
代表作

『ママはテンパリスト』
『海月姫』
『かくかくしかじか』など
受賞

第34回講談社漫画賞少女部門(2010年)
第8回マンガ大賞(2015年)

最初の結婚でさずかった長男がいる。


スポンサーリンク

東村氏はフェイスブックで「私事で恐縮ですが、東村アキコは、2017年4月に離婚いたしました」と報告。

離婚の原因については「仕事の忙しさからすれ違いが生じ、結婚についての考え方の方向性の違いもあって、お互い新しい道を歩むことにいたしました」と説明。

元夫に対して「息子が幼稚園のときから私と一緒に子育てをし、学校行事や家事など忙しい私の生活をいろいろとサポートしてくれました。とてもありがたく思っています」と感謝した。

元夫からは「今後も一緒に息子の成長を見守りたいとの言葉をいただいています」とも明かし、「頑張って漫画を描き、皆さんに面白いものを提供できるよう、精進してまいります」とした。

東村氏は最初の離婚後に、シングルマザーとして長男の育児に奮闘。

その様子を描いた「ママはテンパリスト」が大ヒットし、人気漫画家の仲間入りを果たした。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ