ジョンヒョン自殺今後のSHINeeの活動はどうなる?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTacです。

ジョンヒョン自殺今後のSHINeeの活動はどうなる?


スポンサーリンク

ジョンヒョン自殺今後のSHINeeの活動はどうなる?

公式サイトは「あまりにも胸が痛み、悲痛な訃報をお伝えすることになり、申し訳ございません。12月18日SHINeeのメンバーであるジョンヒョンが突然私たちの傍から離れていきました」とジョンヒョンさんの死去をファンへ報告。

「故人はソウル清潭(チョンダム)の宿泊施設で倒れたまま発見され、近くの大学病院に運ばれましたが、18日の夕方に死亡判定を受けました」と経緯を説明。

「ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、常にベストを尽くしてステージに立つ最高のアーティストでした」と故人を追悼。

「ジョンヒョンに惜しみない愛を送ってくださったファンの皆様に悲しい報せをお伝えすることとなり、さらに胸を痛めております」とつづった。

自殺?

韓国メディアによると、ジョンヒョンさんは18日にソウル市内の宿泊施設で倒れた状態で見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認。

警察は自殺とみて調べている。

SHINee

5人組で、2008年に韓国でデビュー。

11年に日本進出を果たした。

日本でも絶大な人気を誇るK-POPアイドルグループ・SHINeeのジョンヒョンの死亡。

SHINeeは2008年に本国でデビューし、日本では翌09年から活動を開始。

メンバーは、ジョンヒョン、オンユ、キー、ミンホ、テミンの5人。

東方神起の弟グループとして日本でも着実に人気を獲得。

18年2月には東京ドームで単独コンサートを4年連続で行うことが決定していた。

この4公演を含めると、通算120公演、168万人を動員する見込みだった。

葬儀は「家族親族と会社の同僚たちが参加し、可能な限り静かに行わせていただく予定」としている。

ジョンヒョンは15年にソロ活動をスタートし、4枚のアルバムリリースと、他グループへの楽曲提供を行うなど、音楽面で精力的に活動。

今年12月9~10日には、ソロコンサート『JONGHYUN SOLO CONCERT ‘INSPIRED』をソウルで開催していた。

スポンサーリンク

ファンの反応

ジョンヒョンの死亡がYahoo!のトップニュースで報じられると、ネットでは「ドーム公演も決まってるんだからありえない。信じない。生きてるジョンヒョンは生きてる」「自殺なんかするわけない」「どうゆうこと? 手が震える……」などとファンから悲痛なコメントが噴出。

タイやロシア、アメリカなどからも、「SHINeeの歌に涙が止まらない」「K-POPの世界を私に教えてくれたグループ。もういないなんて信じられない」「真実を誰か教えてください」など、混乱と動揺の声が上がっている。

ジョンヒョンのインスタグラムは11月20日の更新を最後に止まっている。

報道を受けたファンからのコメントが現在も投稿され続け、「この方法しかなかったのだろうか」「苦しみを1人で抱えてたの? 今まで気づいてあげられなくてごめんね」「いつも助けてもらってたのに、私たちが助けられなくてごめんなさい」「目を覚まして」「戻ってきてください……」「この世界の何が地獄だったの?」など、悲しみにあふれている。

今後の活動は?


SHINeeが所属するSMエンターテインメントは、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、EXO、NCTなど日本で活動するグループも多い。

今回の一件はK-POPファンの心に暗い影を落とすことになるだろう。

同サイトでは、「故人はソウル清潭(チョンダム)の宿泊施設で倒れたまま発見され、近くの大学病院に運ばれましたが、18日の夕方に死亡判定を受けました」と経緯を公表。

「長い時間を共に過ごしてきたSHINeeのメンバーたちと私たちエスエム・エンタテインメントのアーティストたちおよび従業員みな、あまりにも大きな衝撃と悲しみの中に故人を追悼しております」と故人を偲んだ。

今後の活動については言及をしなかった。

ドームツアーが決まっているだけに追悼のツアーとなりそうだ。

以下、所属事務所のコメント全文。
ファンの皆様へ
エスエム・エンタテインメントです
あまりにも胸が痛み、悲痛な訃報をお伝えすることになり、申し訳ございません。
12月18日、SHINeeのメンバーであるジョンヒョンが突然私たちの傍から離れていきました。
故人はソウル清潭(チョンダム)の宿泊施設で倒れたまま発見され、近くの大学病院に運ばれましたが、18日の夕方に死亡判定を受けました。
最愛の息子と弟を亡くした遺族の悲しみとは比較できませんが、長い時間を共に過ごしてきたSHINeeのメンバーたちと私たちエスエム・エンタテインメントのアーティストたちおよび従業員みな、あまりにも大きな衝撃と悲しみの中に故人を追悼しております。
ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、常にベストを尽くしてステージに立つ最高のアーティストでした。
ジョンヒョンに惜しみない愛を送ってくださったファンの皆様に悲しい報せをお伝えすることとなり、さらに胸を痛めております。
突然すぎる悲報に大きな悲しみの中にある遺族が故人を敬虔に追悼するために、デマや憶測報道は控えていただけますよう、懇切お願いいたします。
遺族の意に沿って、葬儀は家族親族と会社の同僚たちが参加し、可能な限り静かに行わせていただく予定です。
もう一度、故人の最期の逝く道に深い追悼の意をお送りいたします。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ