羽生善治竜王(47)井山裕太棋聖(28)に国民栄誉賞受賞⁉︎年内決定年明け表彰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

羽生善治竜王(47)井山裕太棋聖(28)に国民栄誉賞受賞⁉︎


スポンサーリンク

羽生善治竜王(47)井山裕太棋聖(28)に国民栄誉賞受賞⁉︎年内決定年明け表彰

政府は、
    • 将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)
    • 囲碁で初めて七冠を2度達成した井山裕太棋聖(28)

に、国民栄誉賞を同時に授与する方向で最終調整に入った。

前人未到の偉業で将棋界と囲碁界の発展に寄与した功績を評価した。

将棋・囲碁の棋士の受賞は1977年の賞創設以来初めてとなる。

安倍首相は13日にも両氏への授与を検討するよう指示した。

有識者の意見を聞いた上で年内にも正式決定予定。

表彰式は年明けとなる見通しだ。

スポンサーリンク

羽生氏がコメント

羽生氏は埼玉県所沢市出身。

今年12月5日、将棋の第30期竜王戦(読売新聞社主催)の七番勝負第5局を制し、通算7期目となる同タイトルを獲得して「永世竜王」の資格を得た。

永世規定のある竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖の全7タイトルで称号を獲得する「永世七冠」を史上初めて達成。

羽生善治「永世7冠」を達成!永世称号とは?達成条件は?
こんにちはTac^^です。 羽生善治「永世7冠」を達成!永世称号とは?達成条件は?

政府が国民栄誉賞の授与を検討していることが明らかになった将棋の羽生善治竜王(47)が13日、日本記者クラブで会見し「検討していただけるだけで名誉なこと。引き続き棋士として邁進していきたい」と述べた。

授与検討の契機となったのは、5日まで行われた第30期竜王戦7番勝負で挑戦者として渡辺明前竜王(33)に勝って通算7期目の竜王位を奪還。

永世竜王の資格を得て、全ての永世称号を制覇する「永世7冠」を達成したこと。

「30年以上、棋士の生活を続ける中でひとつの大きな地点に辿り着くことが出来たことに感慨があります」と述べた。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ