浅田真央フィギュアスケート引退!原因・理由は?平昌五輪出場は誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

4月10日に浅田真央さんが電撃引退を発表しました。

引退を決意した原因・理由はなんなのでしょうか?


スポンサードリンク

浅田真央フィギュアスケート引退!原因・理由は?平昌五輪出場は?

浅田真央引退を発表!


フィギュアの浅田真央(26、中京大)が

4月10日。

午後10時51分付けのブログで電撃引退を発表。

以下ブログ抜粋

「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」

「ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。

その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。

実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」

引退の原因・理由は?

昨年12月の全日本選手権で12位と惨敗。

世界選手権への出場権を逃した結果が引退への決断につながったこと示唆しており。

復帰後の成果が今までの自分の納得のいくものでなくなっていたと感じられる。

さらに言えば、3月下旬にヘルシンキで行われた世界選手権で日本女子が来年の平昌五輪の出場枠の「3」を確保できずに「2」に減ったことも要因の一つではないだろうか。

調子が万全にしきれない状態で、五輪の切符を手に入れることが困難であると判断したのだろう。

「目標が消え」という一文からもその五輪に対する思いを汲み取れる。


スポンサードリンク

五輪出場は誰になる?

まだ、平昌五輪の選考基準は明らかになっていない。

だが、ソチ五輪の選考基準が

(1)1人目は全日本選手権優勝者

(2) 2人目は、全日本2位、3位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考。

(3) 3人目は、2の選考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位3名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名選手の中から選考。

という3つの基準であった。

今回枠が2つに減ったので、

平昌五輪に出場するためには全日本優勝か、

グランプリファイナル上位に食い込む必要が出てくる。

そうなると全日本で3連覇を果たしている宮原知子はもはや決定的だ。

残り1枠の争いには、

世界選手権5位と台頭してきた三原舞依や、

ジュニアからシニアデビューしてくる本田真凛、

坂本花織らとの勝負となる。

心身共に充実していれば、彼女らと浅田選手も勝負もできただろうが、今季の戦いで大きな不安を残している。

そう行った不安も要因の一つになったのではなかろうか。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ