macにwindowsをboot campで入れたぞ!やる時に注意する点(切り替えや外付けデバイス)の紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

普段使っているのはMacBook Proなのですが、

仕事でどうしてもwindowsを入れる必要が出てきました。

なので今回boot campでwindowsが使えるようにしました。


スポンサードリンク

macにwindowsをboot campで入れたぞ!やる時に注意する点の紹介!

まず、導入について

Mac に Windows10 をインストールするには次の2つを用意する必要があります。
  • USBメモリ(容量:5GB以上、データは削除されます。)
  • Microsoft Windows 10 (DSP版)

BootCamp – Mac に Windows10 をインストール

  1. 用意した USBメモリを Mac に接続しておきましょう。
  2. Finder を起動し「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」へ移動
  3. 「Boot Camp アシスタント」を起動します。
  4. Boot Camp アシスタントです。「続ける」をクリック。
  5. Boot Camp アシスタントを使うと、Intel プロセッサ搭載の Mac に Microsoft Windows をインストールできます。
  6. 次の項目にチェックが入っていることを確認し、「続ける」をクリックします。
  7. Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成
  8. 最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード
  9. Windows 7 またはそれ以降のバージョンをインストール
  10. 作成した Windows10 の ISOイメージを選択しましょう。
  11. ISOファイルはネットからダウンロードできます。
  12. 用意したUSBメモリが保存先ディスクになっていることを確認し、「続ける」をクリックします。
  13. 選択したドライブはフォーマットされ、ドライブ上のデータは失われます。
  14. 「ドライブは消去されます。」というポップアップが表示されるので、問題がなければ「続ける」をクリックします。
  15. クリックすると選択したドライブのフォーマットがはじまります。
  16. 次に ISOイメージファイルから Windows ファイルのコピーです。
  17. 「Boot Camp アシスタントが新しいヘルパーツールを追加しようとしています。」というポップアップが表示されるので、「パスワード」を入力し「ヘルパーを追加」をクリックします。
  18. Windows用のパーティション作成です。パーティションのサイズをドラッグ&ドロップで調節します。
  19. サイズが決まったら「インストール」をクリックしましょう。
  20. クリックするとパーティションの作成がはじまります。
  21. パーティションの作成が終わると PC が再起動し、Windows10 のインストールがはじまります。
  22. Windows セットアップです。「次へ」をクリックします。
  23. 「プロダクトキー」を入力し、「次へ」をクリックします。
  24. ライセンス条項です。「同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  25. Windows のインストール場所の選択です。
  26. BOOTCAMPのパーティションを選択
    フォーマット
    「次へ」をクリック
    間違えないように注意しましょう!!
  27. インストールがはじまります。
  28. しばらくすると Windows が再起動されます。
  29. Windows の設定です。後からでも変更できるので、「簡単設定を使う」をクリックします。
  30. ユーザーアカウントの設定も必要になります。
  31. そうすると、Widonws10 のデスクトップです。
  32. デスクトップには「ようこそ Boot Camp インストーラへ」というウィンドウが表示されているので、「次へ」をクリックします。
  33. 「使用許諾契約書に同意します。」を選択し、「インストール」をクリックします。
  34. Boot Camp をインストール中です。
  35. 「完了」をクリックします。
  36. これで Mac に Windows10 をインストールすることができました。

BootcampはMac OS Xの機能の1つで、
Mac OS Xが入った機器をWindowsとして利用できるようにするもの。




ここで注意点!

Boot Camp を使って Mac に Windows 8 または Windows 10 をインストールする際に、「新しいシステムパーティションを作成できなかったか、既存のシステムパーティションが見つかりませんでした」という警告が表示された場合の対処法。

インストール中に Thunderbolt または USB 対応のストレージデバイス (Windows ISO インストーラが入っている USB メディアを除く) がコンピュータに接続されていると、この警告が表示される場合があります。以下の手順でエラーを解決できます。

Mac をシステム終了します。
すべての Thunderbolt および USB ストレージデバイス (Windows ISO インストーラが入っている USB メディアを除く) の接続を全て外します。

そうするとインストールを再開します。


スポンサードリンク

実際に使い始めの時知らないといけないこと

MacとBoot Camp上のWindowsの起動を切り替える方法。

ここではコンピュータの電源投入時にOSを選択する方法、起動中のOSからOSを切り替えて再起動する方法です。

コンピュータの電源投入時

  1. コンピュータの電源ボタンを押し、すぐに「option」キーを押しっぱなしにします。
  2. すると、起動ディスクの選択画面が表示されるので、
  3. Macを起動する場合 → 「Macintosh HD」
    Windowsを起動する場合 → 「Windows」
    を選択。

Windows → Mac

  1. Windows起動時にMacで再起動する方法を紹介します。
  2. タスクバーの右のほうにある「△」をクリックします。
  3. クリックするとシステムアイコンが表示されるので「◆」をクリックします。
  4. クリックするとBoot Campメニューが表示されるので、その中から「OS X で再起動」をクリックします。
  5. クリックすると「コンピュータを再起動してもよろしいですか?お使いのコンピュータは OS X で起動します。」というメッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。
  6. これで「Mac OS X」が起動します。

Mac → Windows

  1. Mac起動時にWindowsで再起動する方法を紹介します。
  2. メニューバーの「Appleマーク」をクリックします。
  3. クリックするとAppleメニューが表示されるので、その中から「システム環境設定」をクリックします。
  4. クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、「起動ディスク」アイコンをクリックします。
  5. 「BOOTCAMP Windows」を選択し、「再起動」をクリックします。
  6. クリックすると「コンピュータを再起動してもよろしいですか?お使いのコンピュータはBOOTCAMP上のWindowsを使って起動します。」というメッセージが表示されるので、「再起動」をクリックします。
  7. これで「Windows」が起動します。

併用して外付けを利用したい人向けに知っておくべきこと

ハードディスクには数種類のフォーマット形式があり、Windowsで使っていて、Macに乗り換えた場合など、WindowsではNTFSというフォーマットを使用している事があり、この場合Macでは認識しなくなります。

boot campでも同じです。

HDDフォーマットとは


フォーマットの種類

  • HFS+・・・ファイル転送制限無し(8エクサバイト(100万テラバイト上限))、Macのみで使用可能。デフラグの必要無し。ファイルへのアクセス権設定が可能。
  • exFAT・・・Mac・Windows両方で読み書きが可能。容量制限無し。ファイルへのアクセス権設定はできない。
  • FAT32・・・1ファイル4GB制限、1ボリューム2TB制限、MacとWindow両方で使える、デフラグが必要
  • NTFS・・・Mac OSⅩでは書込が出来ない。読込は可能。容量制限無し。
※容量制限と書いてあるのは、1ファイルあたりの容量に制限があり、制限以上のファイルは書き込む事ができません。

おすすめのフォーマット形式

Macのみで使用するのであれば『HFS+』。

MacとWindowで共用するのなら『exFAT』がおすすめ。

ただし、

FAT32との互換性がないので対応していないFAT32のOS機器などでは読み書きができない、古いマックやウィンドウズでは対応していません。



くれぐれもフォーマット時にデータを消去しないように注意してください。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ