加賀美早紀姉agehaモデルが子宮頸がんのステージ3を告白!気になる病状は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTacーーです。

加賀美早紀 姉agehaモデルが子宮頸がんのステージ3を告白!

気になる病状は?


スポンサーリンク

加賀美早紀姉agehaモデルが子宮頸がんのステージ3を告白!気になる病状は?

加賀美早紀(かがみさき)プロフィール


生年月日:1985年2月26日
血液型:A型
身長:164cm
出身地:千葉県

加賀美は16歳のとき、故・飯島愛さんの自伝「プラトニック・セックス」の映画化主演女優オーディションで約1万2千人の中から選ばれデビュー。

話題作での異例の新人起用は大きな話題を呼び、同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

その後女優としてドラマや映画など出演作を重ねた。

2011年6月に体調不良による長期休業を発表。

その後7月、芸能界を引退。

2013年12月、「姉ageha」専属モデルデビューで芸能界に復帰、女優も行っている。

2016年には結婚を発表。

女優・モデルとして活躍する彼女を襲ったのが、

ブログで、

子宮頸がんのステージ3を告白。

3月12日に千秋楽を迎えた舞台「Battle Butler」(香乃さき名義)出演が決まった後に発覚した。


今後の活動は?

精密検査に入り活動は縮小傾向に向かうようだ。

ブログの中では、

読者に向けて改めて子宮頸がん検診の重要度を訴えた。


ブログコメント全文

子宮頚がんを言われたのが舞台決まってから数日後のこと

体が第一だけどそれよりもやりたかった

芝居をすること

だから仮に進行が早かったとしても降板したくなかった

私は昔余命宣告をされあと三ヶ月と言われました

その病気から数年が経ちまだ生きられています

そこで今回突然の子宮頚がんのステージIII

疲れやすくて貧血も起こすし鼻血出すし
稽古しても体の悲鳴は聞こえてきて

殺陣があると聞いていたから体力つけてきてたけど気休めにしかならず笑

気持ちに反して伴わず本番に向けてセーブしてやってしまうひ弱さにまあ何度か泣いたよね
限界が迎えた中での本番

ダサい姿お見せしましたがそれでもなんとか千秋楽を迎えました

これからまた精密検査に入ります

怖いけれど大丈夫

女の子達検査は必ずしてね

体守るのは自分だよ

無理しないで労ってあげてね

元気な赤ちゃん産もうねー

参照:https://mdpr.jp/news/detail/1671170



スポンサーリンク


誰でもなる可能性のある子宮頸がんとは?

「子宮頸がん」とは、子宮の下半分の細くなっている入口部分である子宮頸部にできるがんのことを指します。

子宮頸がんは、性交渉によってHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染することで起こると考えられています。そのため、「うちはがんの家系だから」というような遺伝とは関係なく、性交経験がある女性ならば誰でもなる可能性があるといわれています。
引用:ヘルスケア大学
子宮頸がんステージⅢの病状と治療

加賀美さんが診断を受けた「ステージⅢ」とはどのくらい進行した状況なのでしょうか。

Ⅲ期
がんが膣の下側3分の1に達している、または子宮周辺組織への浸潤が骨盤壁まで達している状態です。
Ⅲa期…がんが膣壁の下3分の1を超えて広がるが、子宮周辺組織への浸潤は骨盤壁まで達しない
Ⅲb期…子宮周辺組織への浸潤が骨盤壁にまで達する。または、がんが尿管を圧迫して水腎症や無機能腎を認める。
ステージⅢの場合、かなり病状が進行しているため、骨盤壁近くから子宮と膣の一部まで広く切除する手術や放射線・抗がん剤治療が必要となります。この手術は、排尿神経も切除するため、排尿困難や脚のむくみ、術中に排便機能に関わる神経が傷つくと排便障害が起こるリスクがあるなど、困難な手術であることが予想されます。年齢が若く、がんが早期の場合、可能な限り子宮を温存する治療法が選ばれますが、ステージⅡを超えると難しいケースもあるようです。ステージⅢまでがんが進行する前に、発見・治療することが望ましいでしょう。

引用:ヘルスケア大学

最近では小林麻央さんが乳がんを告白しましたが、

若い人のガンほど進行が早いとも言われています。

今回の加賀さんもステージ3ということで、

深刻な状況であると言えるのではないでしょうか。

早く治っていただいて、また女優・モデルとして活躍されることを祈っています。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ