タラレバ娘大島優子代表作ドラマとなるか?タラとレバの声は加藤諒とperfumeあーちゃん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

タラレバ娘大島優子はまり役で代表作ドラマとなるか?

実はドラマのタラとレバの声は加藤諒とperfumeあーちゃん。


スポンサーリンク

タラレバ娘大島優子代表作ドラマとなるか?タラとレバの声は加藤諒とperfumeあーちゃん。

漫画の実写化のタラレバ娘。

「逃げ恥」(TBS)に続き話題漫画実写の連ドラ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)。

平均視聴率は、第3話で前回より0.4%アップの11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

もしかすると最終回では逃げ恥に匹敵するかも?

逃げ恥同様ドラマ化に伴い、原作コミックが売れているようです。

原作の方がもっと現実的で独身女子からすると残酷なようです。

興味がある方は原作も読んで見てはいかがでしょうか?

ネットの中では、ドラマの方が穏やかなため批判的な意見も少しあるようです。

ちなみにあらすじは?

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」

脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。

「キレイになったらもっといい男が現れる!」

「好きになれればケッコンできる!」

そんな話しばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまいなんとかしようと頑張るが…。

というお話。



スポンサーリンク

ドラマでのはまり役

ネット上で、無邪気なサラリーマンの丸井役を演じる田中が、「はまり役」と話題。

個人的にはキャスティングはかなりよいのではと筆者は思っていますが、KEY以外は…

田中については原作者の東村アキコ氏も、Twitterで大興奮するほどイメージ通りだったようです。

KEYについては、漫画とのギャップがありすぎると感じている方が多いようです。

なので坂口のせいというよりかは脚本を漫画より万人受けにしすぎたのが原因かもしれません。

一番はまり役だと私が感じているのは大島優子さんですね。

2015年に出演した『銭の戦争』(フジテレビ系)や、

主演ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)での演技はなんだか臭い(態とらしさ)感がしていました。

もしかしたら、大島の私生活が小雪に似ているのかもしれないですね。

(つまり干物女系?)

あくまで可能性ですが…

余談ですがタラ、レバですが…

タラとレバの声は加藤諒とperfumeあーちゃん。

初めはえ⁉︎そうなんだ〜って感じでびっくりしました。

なんでも、あーちゃんは主演の吉高と仲が良くその関係で声優にチャレンジしたようです。

また、主題歌をperfumeが歌っているということからも選ばれたようですね。

知るともう一度ちゃんとタラとレバの声聞きたくなりません?

これからのドラマの展開も楽しみです。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ