マークザッカーバーグがアイアンマンのAIジャービスを開発。関の都市伝説が現実に⁉︎

こんにちはTac^^です。

マークザッカーバーグがアイアンマンのAIジャービスを開発。関の都市伝説が現実に⁉︎


スポンサードリンク

マークザッカーバーグがアイアンマンのAIジャービスを開発。


交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)の

最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏が

12月19日、AI(人工知能)を搭載したソフトウエアの「執事」、「ジャービス(Jarvis)」の稼働を開始したと自身のフェイスブックページで発表。

ジャービスは、同氏の家族の遊び相手にもなっている。

ザッカーバーグ氏は今年、

家庭を切り盛りする手伝いをしてくれるAIアシスタントの開発という

個人的なプロジェクトに取り組みだした。

約100時間を費やしてシステムを構築。

このAIアシスタントは、映画『アイアンマン(Iron Man)』に登場する

キャラクターの「ジャービス」から発想を得た。



ジャービスは、ロボットとしての本体があるわけではなく、アプリケーションだ。

携帯電話やコンピューターを使って、

家の中の照明や温度、音楽、警備、電化製品などの調節ができるという。

映画のジャービスもロボットではなくアプリケーション的な使いで、

複数の機械を動かしていましたよね。


ジャービスについて

利用者の好みや行動様式、

新しい言葉や概念などを学習することができ、

同氏の娘マックス(Max)ちゃん(1)の遊び相手にもなれるという。

ジャービスには自然言語処理機能と顔認証機能が搭載。

音声や文字による命令が理解できるほか、

命令を出した人物を認識することもできる。



AIの開発を通じて、命令を出した際の状況をソフトウエアに把握させる重要性を痛感したと語っている。

「私が『私のオフィス』のエアコンをつけてと命じるときと、

妻のプリシラ(Priscilla Chan、プリシラ・チャン)が同じことを言ったときとでは

『私のオフィス』が意味するものは全く異なる」

「そのせいでいくつもの問題が起きた!」と述べている。

つまり、映画のジャービスほどの精度はできていないようだ。

ジャービスにどの部屋かを指定しないまま音楽をかけるよう命じれば、

同様の問題が起こるだろう。

とりわけ、すやすや眠っている赤ん坊がいる場合には大きな問題となる。

命令する際の状況がより詳しく伝われば、

AIが無制限のリクエストにより多く応えることができるようになるとザッカーバーグ氏は述べている。

今後もジャービスの改良を続けるつもりだというザッカーバーグ氏。

AI技術は5~10年後には大幅に向上していることを以前よりも確信しているとし、

「長期的には、私が特定のタスクの実行方法を教えるのではなく、

新たな能力を自分で習得する方法をジャービスに教え込ませたい」と抱負を語っている。

関の都市伝説が現実に⁉︎

映画の中のジャービスが現実のものになる日はそう遠くない。

こんな話を聞いていると、

関の都市伝説が真実味を帯びてきているのがわかる。

以前もマークザッカーバーグを関は都市伝説に関わる人物であると挙げている。

ゾルタクスゼイアンなど都市伝説で挙げられているが本当にそんなものがあるのか、

気になるところだが、

関の言ったことが一部現実味を帯びてきたことは事実である。


スポンサードリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツだよ
facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする