ASKA逮捕から一転。不起訴で釈放!本当は二度目はやってなかった?不起訴の理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

ASKA逮捕から一転。不起訴で釈放!

本当は二度目はやってなかった?

不起訴の理由。


スポンサーリンク

ASKA逮捕から一転。不起訴で釈放!本当は二度目はやってなかった?

覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された

ミュージシャンのASKA(本名・宮崎重明=58)が12月19日、

ブログを更新し「不起訴でした」と記した。



証拠不十分で不起訴となり、19日午後7時過ぎに警視庁湾岸署から釈放。

ブログ内では、

「無罪です。様々なことは、また、あらためて書かせていただきます」

としつつ、

「すべての行動には理由があります。いまは、それしかお伝えできません」

と意味深に記した。

また、制作途中だったアルバムにも触れ

「こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします」

とアルバム制作を続行することを宣言。

最後に

「みなさん、信じてくれてありがとう」

とファンに感謝の言葉で締めくくった。

推測



正直、なぜ警察は逮捕したのに不起訴なんだ?

普通逮捕するときはある程度嫌疑の証拠があるからだろう?

今回は検査の結果だったはずだ!

なぜというのは尽きない。

結果、ASKA氏が犯罪を犯していないとされたのは

ファンからすればよかったのかもしれない。

アルバムの作成も続行するとのことだしね。



ブログ内で語っていた、

行動の理由とは、

逮捕時点色々と報道されていた、

盗聴やハッキングのことかもしれないですね。



改めて今回の逮捕についてですが、

①不自然な発言

②尿検査の結果

がポイントだったが

不起訴ということは

②が信用に足るものとならなかったということだろう。

当然疑問符は残るが。。。

②がシロとなると

①は本気で言っていたということになる。

警官が不自然に思うほどの発言をするほど、

ASKA氏は追い込まれていた?

精神的に病んでいた?

ということを考えざるを得ない。

真相が明らかになるときは来るのだろうか?

追記:不起訴の理由

尿検査の尿はお茶を提出したと供述したようだ。

事実ならその行動原理はなんなのかと言いたくなるが…

警察官も尿の採取の際は同席していたようだが、

手元が見える状態ではなかったので、

コップなども処分していたため、

本人の尿であると断定できなかったようだ。

結果、不起訴という結果になったようだ。

正直、このように聞くと怪しいという疑念が残るものとなってしまった。。。

残念だ。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ