ほのかりん事務所契約解除‼︎ついに芸能界引退か⁉︎

こんにちはTac^^です。

ほのかりんの事務所が契約解除‼︎

ついに芸能界引退でしょうか⁉︎


スポンサードリンク

ほのかりん事務所契約解除‼︎ついに芸能界引退か⁉︎

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)が未成年飲酒(当時)が報じられていた。

今回その未成年だったタレント・ほのかりん(現在20歳)が12月16日、


所属事務所との契約を解除された。

所属事務所の公式サイトで発表。

公式サイトでは

「弊社所属ほのかりんについて

弊社契約規定(法令順守に関する)違反につき、

一切のマネージメントおよび所属契約を解除させていただきましたことをご報告申し上げます。

ファンの皆様、関係者の皆様、

今までご支援くださいました皆様には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」

引用:所属事務所公式サイト

と報告した。

騒動の発端

2016年9月29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)。

川谷が8月下旬、当時19歳だったほのかりんと

都内の飲食店で一緒に飲酒していたことを報道。

二人は交際をしていたことが発覚しさらに未成年飲酒という法を犯していた。



結果、

ほのかはレギュラー出演中だったNHK Eテレ「Rの法則」、

出演予定だった舞台「Luna Rossa」(10月13~18日)を降板。

川谷も

10月3日。

所属事務所が

「川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実がありました。

このことを重く受け止め、

両バンド(ゲスの極み乙女。、indigo la End)ともに、

現在既にご案内済みの公演を終えた後、

当面の間、活動を自粛することとしました」

引用:所属事務所発表

とした。

12月3日のゲス極ツアー最終公演以降、当面の活動休止を発表。

アルバム「達磨林檎」の発売も延期。

しかし、なぜこのタイミングになったのか?

9月の騒動から3ヶ月事務所の契約解除まで、

時間がかかったように感じる。

すぐに契約解除とならなかった理由はなんなのだろうか?



理由は、

ゲス川谷の活動自粛に合わせたと思われます。

ゲスカワ谷川の事務所が、

活動を自粛させる前にほのかが処分を受けると、

川谷もすぐに処分をせざるをえなくなる。

ツアーがまだ完了していない段階で、

処分をしてしまうと

損害が大きくなりすぎる。

そのため、川谷の自粛(12月3日)以降となったと思われる。


現在の二人は

川谷が未だにぞっこん中で、

家賃とかを払って半同棲を続けたいようですが、

ほのかがわは早く別れたいばかりのようだ。

さげちんの川谷とは早く別れたほうがいいと私は思う。


スポンサードリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツだよ
facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする