ザ・グレート・サスケが週刊誌での発言撤回⁉︎成宮寛貴の余波。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

ザ・グレート・サスケが週刊誌での発言撤回⁉︎成宮寛貴の余波。


スポンサードリンク

ザ・グレート・サスケが週刊誌での発言撤回⁉︎成宮寛貴の余波。

芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴さんについて、

ブログで「愚息があなたから受けたハラスメント」などと記し、

発売中の「週刊文春」(文芸春秋)と「週刊新潮」(新潮社)でハラスメントの内容を“告発”した

プロレスラーのザ・グレート・サスケが12月14日、

横浜市内で会見した様子を各スポーツ紙が報じた。

ハラスメントを受けたとされる息子

サスケが「愚息」と呼ぶのは長男。

メキシコ人妻の連れ子。

メキシコ生まれ。

03年に芸能界入り。

ガッチリした体格と彫りの深い顔立ちでイケメンモデルとして注目を浴びた。

04年には「秋冬パリ・コレクション」に出演。

将来を嘱望されていたが引退。

サスケは引退理由として成宮さんから受けたハラスメントが原因であることを“告発”した。


会見で発言を撤回⁉︎

しかし、

会見を報じた各紙によると、サスケは成宮さんについて、

「これまで陰から応援していた。今は心身ともにダメージを負っていると思うし、時が解決すると思う」とブログや週刊誌の内容とは真逆の発言。

成宮さんは薬物使用疑惑を払拭できないまま引退したが、

「将来的には復帰して(一連の報道は)『冗談だよ、そんなわけないじゃないか』と言ってほしい」とした。

会見内容は以下

――(成宮さんからAさんに対し)具体的に何が行われたのか?

サスケ ブログに書いたとおりで、それ以上のことはない。オブラートに包んだ表現だったので、間違って取り上げられてしまった。突然引退してしまう辞め方に、私もみんなも納得していない。心身ともにダメージを受けているだろうが、時が癒やしてくれると思うので、元気な姿で復帰してほしい。

――息子さんからセクハラの相談を受けた際、どう思ったか?

サスケ 冗談に違いないと10年以上思っていた。成宮さんご本人と(元所属)事務所で話し合いを持ちたいという気持ちを持っている。

――(成宮さんとAさんの間で)どういうトラブルがあったのか?

サスケ セクハラですよね。何回あったかはわからない。

――今回の騒動のことを息子さんは知っているのか?

サスケ 知らない。引きこもり状態で、ここ数年、外部の情報を遮断している状態です。

――成宮さんと息子さんの接点は?

サスケ 仕事上の撮影か、打ち上げか。

――(今回のサスケの告発で)息子さんはダメージを受けるのではないか?

サスケ 涙が出るほどありがたいご心配ですが、そういうレベルを超えてしまっている。(息子は現在)海外で療養中。

――(15日発売の「週刊新潮」<新潮社>の取材に対しサスケが、Aさんは成宮さんから「1億円あげるから寝てくれ」と言われた、と証言していることについて)1億円あげるから関係というのは?

サスケ 1億円という話は息子から聞いた。その時はそんな話を信じる者はいるかと。成宮さんも冗談で言っているのだろうと、その時は思った。

――成宮さんに、何か一言あるか?

サスケ 特に憎んでいない。

引用:https://gunosy.com/articles/aWEoi

ブログに書いた意図について

本人の発言は上で記載した通りだが、

今回ブログ及びひいては週刊誌の取材に応えた意図を読み解くと

サスケ側の思いは以下の4つの流れだろう

①息子がセクハラを受けたかもしれない。

②だが、冗談だと思い応援していた。

③冗談であって欲しいと思っている。

④もし、(ゲイを)認めるのであれば話し合いの場を持ちたいと思っている。

⑤その様な場は、成宮さんが落ち着いてからでいいとは考えている。

こんなところと推測できる。



ちなみに、成宮が所属していた元事務所側は反応なし。

サスケ側は法的措置に訴えるつもりはない。



筆者の考えからすれば、

このまま平行線で

すれ違いのまま住むのではないだろうか。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ