クラブW杯決勝鹿島対レアルマドリード勝者は?どっちだ?前評判通りレアル!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

アジア勢初の決勝進出に続き優勝はあるのか?

クラブW杯決勝鹿島対レアルマドリード勝者は?

どっちだ?前評判通りレアル!


スポンサーリンク

クラブW杯決勝鹿島対レアルマドリード勝者は?

準決勝第一試合は12月14日、吹田でキックオフ。

クラブワールドカップは12月14日、

準決勝のアトレティコ・ナシオナル対鹿島アントラーズが市立吹田サッカースタジアムで行なわれ、

3-0で鹿島が勝ち、アジア勢として初めて決勝に進出。

鹿島はボランチに小笠原が復帰、柴崎とコンビ。

エースの金崎は、開幕戦、準々決勝に続きベンチスタート。

立ち上がりは南米王者のナシオナルがリズム良く攻め込む。

11分にはウリベが際どいミドルを放つが、GK曽ヶ端がはじき出した。

しかしその直後、鹿島に決定的なチャンスが訪れる。

中村のスルーパスに反応した遠藤がペナルティエリア内でフリー。

遠藤はGKの頭越しにシュートを狙ったが、これはうまく足にヒットせず枠を外れた。

18分には、こぼれ球を拾った柴崎が中央突破。

GKとの1対1を迎えるが、相手GKのアルマーニの好守に阻まれた。

22分、今度はナシオナルが右サイドから。

アーリークロスをボルハが右足のボレーで狙うが、曽ヶ端の正面。

その直後には、ウリベが後方からのフィードをダイレクトで押し込もうとするが、わずかに枠を外れる。

24分にはモスケラのシュートがクロスバーを直撃。

そのリバウンドを狙ったベッリオのシュートは、昌子が身を挺してブロック。

鹿島が絶体絶命のピンチを凌ぐ。

33分敵陣でのFKを得ると、その競り合いでの混戦で、西が倒されたという判定。

鹿島にPK。

これを土居が落ち着いてゴール左に蹴り込み、鹿島が先制。

PKジャッジの際には、今大会で初めてFIFA主催大会で導入されたVARs(ビデオアシスタントレフェリー)が採用。

35分にもCKから植田が決定的なヘディングシュートを放つが、アルマーニがビッグセーブでこれを防ぐ。

43分、ナシオナルは中央のベッリオに縦パスが入ると、巧みなターンから至近距離からのシュートを放つ。

GK曽ヶ端が神がかり的なスーパーセーブでゴールを許さない。

両チーム守護神の好守が光る。

45分、鹿島はボルハのポストプレーからウリベに強烈なシュートを許すも、これは枠を外れた。

その後もクロスバー直撃のシュートを撃ち込まれるが、得点は許さず、前半を1点リードで折り返し。



後半は立ち上がりからナシオナルが攻撃の圧力を強める。

鹿島ディフェンスラインの背後へのフィードやボルハへのクサビのパスを軸に鹿島を押し込む。

54分、赤崎に代えて金崎を投入。

58分、小笠原に代えて永木を投入。

59分、鹿島はボルハにペナルティエリア内への侵入を許し、至近距離からのシュートを許す。

曽ヶ端がビッグセーブで難を凌ぐ。

60分以降、鹿島は自陣に押し込まれるものの、曽ヶ端を中心に堅い守り。

前線では金崎が虎視眈々とカウンターを狙う。

78分、鹿島は左サイドからゲーラに突破を許すが、守備陣の必死のシュートブロックでゴールは許さない。

ナシオナルにも疲れが見え始め、中盤でのボール奪取から鹿島にもカウンターのチャンスが生まれ始める。

82分、鹿島に待望の追加点。

左サイドの柴崎からのクロスに遠藤が飛び込む。

そのこぼれ球にいち早く反応した遠藤がヒールでゴールに流し込んだ。

鹿島が2-0とリードする。

86分、右サイド深く侵入した金崎がゴール前に鋭いグラウンダーのクロスを入れると、これに合わせたのは途中出場の鈴木。

左足で押し込んで3点目を追加。

結局、鹿島は最後までナシオナルにゴールを許さず、無失点で勝利。

レアル・マドリードとクラブ・アメリカの勝者との対戦となる決勝に駒を進めた。

準決勝第二試合は12月15日、横浜国際総合競技場で19時30分にキックオフ。


スポンサーリンク


欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が

北中米カリブ海王者のアメリカ(メキシコ)と対戦。

2-0で勝利を収めた。

「バロンドール」を2年ぶりに受賞したクリスティアーノ・ロナウド(31)が前半序盤から積極果敢にゴールを狙う。

26分、バスケスの右サイドからのクロスに頭で反応。

狙いすましてゴールを狙ったがクロスバーに当たり先制点はならず。

33分ペナルティーエリア外から直接FKの場面。

右足のシュートは壁に阻まれるも、すぐさまこぼれ球を左足で強烈なボレー。

GKが弾いたが、枠を捉えた迫力満点のボレーシュートにスタンドからはどよめきが起こった。

前半ロスタイム、クロースのスルーパスにベンゼマ。

DF裏に抜け出し右足アウトサイドで先制点を決めた。

1-0で折り返した後半もRマドリードは主導権を握り、落ち着いてゲームを進める。

ジダン監督は

後半27分にクロースに代わりハメス・ロドリゲス、

34分にはベンゼマに代わりモラタを投入するなど豪華メンバーを惜しみなく使い、

終了間際にC・ロナウドがゴールを決めきっちり勝利をつかんだ。

決勝は12月18日、横浜国際総合競技場で19時30分にキックオフ。

当然決勝に上がってくるのはレアルでしょう。でしたね。

レアルと日本チーム鹿島の戦いが見れるなんて夢のようだ。。。

12月18日のチケットが喉から手が出るほど欲しい人は多いだろう。。。

決勝の勝者はどちらになるのだろうか?

正直レアルの方が分が当然あるのですが、

日本の鹿島が勝つ夢を見たいですね。



試合前の段階ではやっぱりレアルの勝利は揺るがないようで、

3−1

5−0

3−0

でレアルという意見が多く感じます。

一部で

0−1

2−3で鹿島という意見が聞こえますが、

正直望みは薄いようですね。

ただ、私は夢が見たい‼︎

日本のチームが勝つジャイアントキリングが…

とにかく試合が楽しみですね。

決勝の結果

レアル・マドリー

41-1
1-1
2-0
0-0
2

鹿島アントラーズ
試合終了
カリム・ベンゼマ(前半9分)
C・ロナウド(後半15分)
C・ロナウド(延長前半8分)
C・ロナウド(延長前半14分)
得点柴崎岳(前半44分)
柴崎岳(後半7分)
S・ラモス(後半10分)
カゼミーロ(延長前半10分)
ダニエル・カルバハル(延長前半12分)
警告山本脩斗(後半13分)
ファブリシオ(延長前半3分)
クラブW杯2016年決勝詳細!優勝はレアル!
こんにちはTac^^です。クラブW杯2016年決勝詳細!優勝はレアル!
前評判通りレアルでしたね。
延長戦に行くまではかなり夢を見ることができました。
延長戦はもうさすがと言わざるを得ない試合展開でしたね。
ロナウドやっぱりすごい!!!
鹿島お疲れ様です!
負けたのは悔しいけど、
日本のチームがここまで行けるんだ!っていうのを示してくれたと思います。
次は(将来は)日本のチームが優勝することを願います。
生きてる間に見れるといいんですけど^^;

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ

コメント

  1. ゆんゆん より:

    はぁ?勝者はどっちだ?だと、なに寝ぼけたこと言ってんだよ!
    レアルが何点取って鹿島に勝つかだろ?

    鹿島がわずかでも勝てる可能性があるとしたらレアルマドリードが親善試合で来日して一軍半で相手チームを全く知らないまま来日した翌日に観光気分で時差ぼけでいきなり試合したら、勝てる可能性が若干ありますが、
    世界一のタイトル掛かった試合ですから日本のリーグ3位のクラブであっても手を抜くことはありません。

    ジダン監督は鹿島を分析しているようですから、勝ち目は塵ひとつありません。
    獅子は兎を捕るのも全力ですから、全く勝機はありません。
    残念ながらレアルマドリードの大量得点のゴールショーにならないことを祈るばかりです。レアルマドリード優勝おめでとうございます。世界一です。鹿島は世界2位おめでとう!2位じゃだめなんでしょうか?

    • Tac より:

      コメントありがとうございます。
      寝ぼけたつもりで書いたつもりではないです・^^

      正直、ゆんゆんさんが言われた通りだとは思っています。
      ただ、日本人ながら鹿島が少しでも頑張って欲しいという意味を込めて書いてます。

      2位でも当然、
      今回初めてアジア勢として決勝までに行ったのですからすごいことだと思います。

      ゆんゆんさんの意見もよくわかるのですが、
      ただ、日本人として少しでも期待することはダメなことですか?
      いいじゃないですか少しの夢を見ても笑

      まあ、
      気に障るようでしたら
      個人の戯言だと思って忘れてください^^
      コメントほんとにありがとうございました。

  2. ゆんゆん より:

    ちょっと調子に乗りご不快なことばかりを書いてしまいました。ごめんなさい。
    もちろん鹿島アントラーズには頑張ってほしいです。
    ぜんぜんダメじゃありませんし、日本人なら期待するのは当たり前です。
    本当に不快にさせて申し訳ありません。

    • Tac より:

      ゆんゆんさん
      コメントありがとうございます。

      ちょっとキツイ言い方だなとは思いましたが、
      不快には思っていませんよ^^
      ゆんゆんさんのご意見はごもっともだと思います。
      これから、楽しく観戦できればと思っています。
      ゆんゆんさんも観戦楽しんでくださいね。

  3. ゆんゆん より:

    改めて不遜な内容を全て撤回して謝罪します。
    鹿島アントラーズを見事な試合に感動しました。勝ってもおかしくないくらい素晴らしい試合内容でした。
    自国のクラブの実力をあまりにも過小評価し過ぎていました。
    自分の考えがあまりにも愚かでした。
    改めてお詫び致します。

  4. Tac より:

    ゆんゆんさん
    コメントありがとうございます。
    本当に夢を見させてもらったいい試合だったと思います。

    ただ、結果はやっぱりゆんゆんさんの言うように、
    延長戦でゴールショーに近いものになってしまったのが、
    日本人としては残念!
    サッカーファンとしては、やっぱレアル(ロナウド)すげー!
    って私自身思いました。

    ゆんゆんさんお詫びなんて大丈夫ですよ。^^
    これからも、サッカー界ひいては
    日本サッカーの活躍を期待して応援しましょう!
    スポーツってやっぱいいですね。