水占ちゃん4連覇!好きな女性アナウンサーランキング!なぜこんなに人気なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

水占ちゃん4連覇!好きな女性アナウンサーランキング!

なぜこんなに人気なのか?


スポンサーリンク

水占ちゃん4連覇!好きな女性アナウンサーランキング!

水卜麻美
ORICON STYLEが毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を発表。

13回目となる今回は、2015年に続き日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが1位!

2013年から4年連続で王者の座に輝いた。

2008年に5連覇を達成し殿堂入りを果たした元フジテレビ・高島彩アナウンサーとは

対照的なタイプのアナウンサーといえるが、

アヤパンに次ぐ同ランキング史上2人目となる殿堂入りの大記録がすぐそこまで迫ってきた。

【第13回好きな女性アナウンサーランキングTOP10】

1位 水卜麻美日本テレビ
2位 加藤綾子フリー
3位 夏目三久フリー
4位 有働由美子NHK
5位 大江麻理子テレビ東京
6位 赤江珠緒フリー
7位 田中みな実フリー
8位 竹内由恵テレビ朝日
9位 大下容子テレビ朝日
10位 桑子真帆NHK

なぜこんなに人気なのか?


スポンサーリンク


2010年の入社から今年で7年目。

すっかり日テレの“顔”として板についてきた水卜麻美アナ。

水卜アナのすごさ

才色兼備でどこか近寄りがたかったこれまでの女性アナウンサーのイメージがない!

(果たしてこれは褒めてるのか?)

つまり、まったく新しいタイプの女子アナ像を作り上げてしまった。

放送スタート時からアシスタントを担当している『ヒルナンデス!』では食レポを極め、

“食いしんぼうキャラ”を確立。

その“頑張り”によって入社後、最大7キロ増量したことがある彼女は、

いつしか女子アナとしては珍しいぽっちゃり体型をいじられるようになるが、

持ち前の明るさを武器に柔軟に対応しタレント顔負けの存在感を発揮。

実際は入社時から太ったのではなく、

入社時には痩せていただけで、今は戻ったというのが正しいようだが



スムーズな司会進行もさることながら、

そういった親しみのある人柄やキャラクターが男女・世代を問わず多くの人から支持されているようだ。

担当番組としてはバラエティが多いことから、

どうしても明るいキャラクターに目が行きがちだが、

アナウンス技術にも定評がある。

ナレーションでは番組のタイプによって声色を使い分けている。



つまり、彼女は

唯一無二の“食いしんぼう”キャラを確立し、一方でアナウンス技術も一級品!

こんなところが人気の理由ではないでしょうか。

実際筆者も可愛いなと思う愛くるしさが彼女にはあるように感じます。

しかも、それだけでなく仕事を一生懸命やっている様子が伝わってくるので、

なおさら彼女を好きになってしまいますね。



スポンサーリンク


関連コンテンツだよ