正月伝統特番、テレ東時代劇が終了〜。その理由と今後の番組とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

正月の伝統特番、テレ東の時代劇が終了〜。

その理由と今後の番組とは?


スポンサードリンク

正月の伝統特番、テレ東の時代劇が終了〜。

テレビ東京系列の正月恒例の特別番組として、

毎年1月2日に放送されてきた大型時代劇の歴史がついに途絶えることになった。



11月27日、東京・六本木の同局で

新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』の会見が行われ、

同ドラマが来年1月2日午後9時より放送されることが明らかとなり、

恒例の時代劇が放送されないことが判明。


伝統の特番

1979年

東京12チャンネル(前の社名)の開局15周年記念の一環として

映画『人間の條件』を12時間にわたって放送。

80年

映画『宮本武蔵』(中村錦之助版)の一挙放送。

81年〜

12時間超ワイドドラマとして時代劇が制作、放送開始。

2001年以降

放送時間が10時間に短縮。

「新春ワイド時代劇」と呼ぶようになった。

このころから陰りが。。。

10年以降

放送時間は7時間になる。

15年

放送された『大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!』は5時間に縮小。

2016年1月2日

東山紀之主演の『信長燃ゆ』は3時間。

「新春時代劇」に改題したが、時代劇は継続。

テレ東 新春 東山

その理由と今後の番組とは?


スポンサードリンク


同局は今年、

1985年12月から

30年以上にわたって番組を制作・放送してきた

東京都港区神谷町(虎ノ門4丁目)から

同・六本木3丁目に完成したばかりの新しい高層ビルに本社を移転。

社としての大きな節目に、大きな決断が下された。



実際2001年以降費用対効果が得られにくい環境になりつつあったのではないかと推測される。

それに伴い費用を削るため、放送時間の短縮をしてきたが、

今年の本社移転などに伴い費用面での融通がさらに難しくなったのだろう。

そのため、思い切って費用対効果が見込める番組への変更を図ったと見られる。





今後の番組は、

「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」だということだが、

これがどの程度継続するかは正直不明だ。

釣りバカ日誌というネームバリューの活用がどこまで、

功を奏するかがテレビ東京としてはネックとなってくるだろう。



ただ、末長く愛されている釣りバカ日誌という選択は良かったのではないだろうか。

今後はどうなることだろうか。。。



スポンサーリンク


関連コンテンツだよ