さや姉の恋人が発覚!?相手は誰?10人もいるって本当?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

さや姉の恋人が発覚!?相手は誰?10人もいるって本当?


スポンサーリンク

さや姉の恋人が発覚!?相手は誰?10人もいるって本当?

まず、さや姉について。

さや姉 ギター
山本 彩(やまもと・さやか)

1993年(平5)7月14日生まれの23歳。

大阪府出身。

2010年9月、NMBオープニングメンバーオーディションに合格。

11年1月、大阪市のNMB劇場での公演でデビュー。

キャプテンに就任。

2016年6月のAKB総選挙で自己最高の4位。

同10月、初のソロアルバム「Rainbow」を発売。

身長1メートル55。

相手は誰?10人もいるって本当?

ギターを手にした姿がりりしい。

NMB48のエース・山本彩(23)はAKB48グループで最もアーティスティックな存在。

小学5年生から始めたギターは他のプロミュージシャンとセッションできるほど。

ダンスパフォーマンスが売りのグループのステージで1人、ギターの弾き語りを披露する機会も多い。

そんな彼女が深夜の自宅で、多忙なスケジュールを終え、体は疲れ切っているが、

恋人とを手に取り時間を費やしている。






スポンサーリンク




その相手とは、ギターだ!笑



さや姉の家には約10本のギターがある。

エレキはフェンダー、PRS、ギブソン、フェルナンデス、G&Lなど、

アコースティックはマーチン、ギブソンなど。

小5から買ってきたものだが、ここ数年で一気に増えている。

ジャージー姿であぐらをかき、外部に音が漏れないようにヘッドホンをつけて練習開始。

指の動きを滑らかにする基礎的トレーニング「運指」からスタートし、それが一段落したら、その時々の課題曲に取り組む。

ふと我に返ると、約2時間が経過。それがほぼ毎日だという。

次の日どんなに朝早くから仕事が始まろうと変わらない習慣だ。

ギターを持つ姿がりりしく見えるのは、ちゃんと体のサイズに合ったギターを選んで買い、

持ち方も研究しているせいもあるが豊富な練習量によってギターを手の内に入れていることが大きい。

ちなみに、

夢中になったきっかけは、小5の時に聞いた、

カナダ出身のロックミュージシャン、アヴリル・ラヴィーン(32)に憧れたこと。

アヴリルの“スケーター・ボーイ”を弾きたくて、フェンダーのストラトキャスターを買ってもらったようです。

当時、ボーカルやダンスを学ぶ音楽スクールに通っていて、ギター購入後しばらくしてスクール主催のライブイベントがあったようだ。

ほかの生徒はみんなダンスパフォーマンスでの出演だったが、自分だけギターを演奏することに決めた。

曲はもちろん「スケーター・ボーイ」。

上級者のベースやドラムのサポートを受けながら100人以上いる観客の前でやり切った。

その時まだ5年生。

ミュージシャンとして萌芽(ほうが)した瞬間だった。

中学時代は、スクールの仲間と結成した女性3人組バンド「MAD CATZ」で活動。

周囲の評価は高く、シングル「Girls be Ambitious!」でデビューしたものの、ヒットには至らなかった。

NMBのオーディションは最後のチャンスだったようだ。

NMBに合格すると、折を見てスタッフに「私、ギター弾けます」と主張。

自身初のソロ曲「ジャングルジム」(12年)を手にした時、チャンスが巡ってきた。

その曲には当初ダンスの振り付けがついていたが、「ギターを弾けるのなら弾いてみたら」と言われ、ギターを手にNMBファンが見守るステージに上がった。

彼女はギターという存在によって個人活動の場も広がった。

テレビ番組などで

谷村新司(67)や

THE ALFEE、

福山雅治(47)ら大物アーティストとギターを手に共演。

アイドルファン以外にもその名を知られるようになった。



ギターは自身を理想のアーティスト像に近づかせる最強の武器として、

深夜の自宅で共に過ごす時間はさらに長くなることだろう。



ギターを弾くさや姉もかっこよくて可愛いですねー^^

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ