ワールドトリガーも無期限休載!漫画家が休載をする理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

ワールドトリガーも無期限休載!

漫画家が休載をする理由。


スポンサーリンク

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の

葦原大介先生のマンガ「ワールドトリガー」がしばらく休載されることが21日判明。

連載の再開時期は未定。

21日発売の同誌51号で「『ワールドトリガー』は今号掲載予定でしたが、葦原先生の体調不良により、今号も休載、次号以降もしばらく休載いたします。今後の再開は未定です。決まり次第、本誌の方で告知させていただきます」と発表。

同作は、2015年ごろから作者の体調不良のため、たびたび休載されていた。


ワールドトリガーとは?

13年から同誌で連載中のSFマンガ。

地上を侵略しようと異次元からやってくる近界民(ネイバー)と

防衛組織・ボーダーの戦いを描いている。

コミックスは16巻まで発売。

14年10月~16年4月にテレビ朝日系でテレビアニメが放送された。


漫画家が休載をする理由。


スポンサーリンク

よく話題に上がる休載の多い漫画家

  • 広江礼威(BLACK LAGOON)
  • 冬目景(羊のうた)
  • あずまきよひこ(よつばと!)
  • 冨樫義博(HUNTER×HUNTER)
  • 井上雄彦(バガボンド)
  • 平野耕太(ヘルシング)
  • ばらスィー(苺ましまろ)
  • 星野桂(D.Gray-man)
  • 萩原一至(BASTARD!!) などなど。。。

なぜこんなにも休載が多いのでしょうか?

正直な印象としては、

冨樫が休載を多く取るようになってから休載する先生が増えた気がする。

理由①冨樫が休みを取りやすい環境を作った!



理由②実際に体調が悪い。(この場合は仕方がないですが。。。)

ただ、継続して書いてもらえるように編集はもっと先生の体調管理も含めて調整して欲しい!



理由③有名すぎて複数で連載を持ってしまっている。

これも、編集や会社同士でもっと調整をしてある程度継続して書いてもらえるように調整しろや!



人気が出て金に余裕が生まれたことによる欲求。

つまり、

理由④先生が遊びたい。

こんな理由で休む人は多くはないが実際にいるようだ、、、、

有名になると印税とかで余裕できるし、人が変わるんだろうね。

Tとか、Tとか、Tとか 冨樫働け!

別に、個人のプライベートを否定するわけではないが、

読み手が強い要望があるのに全く書いてる様子が感じられないとかダメでしょ。

作者も、編集も、出版社も対応の仕方考えた方がいいと思うよ!

炎上商法を期待してるのかな?

読み手はストレスしかたまらんでやめて欲しいね。


とりあえず!筆者の要望まとめ

体調を崩されている先生方ゆっくりおやすみ頂いて継続して書いて行ける環境づくりをしてください!

現在頑張られている漫画家先生は、お身体を壊されないよう頑張っていただきたい!



ある程度継続して連載ができるよう、編集者、出版社側には先生への配慮及び調整をしていただきたい!

そして、読み手(客)への配慮ができれば完璧!



ただ、グータラ遊んでるやつ(漫画家)働け!

その遊ぶ金は筆者ら読み手の働いた金だ!

漫画でちゃんとお返ししろ!

連載終了してからゆっくり遊べよ!!

(注:遊ぶなとはいっていない連載して!)





スポンサーリンク


関連コンテンツだよ