復刻版ファミコンが高値で取引!任天堂の株価はここ数年で上昇し続ける?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

復刻版ファミコンが高値で取引されています!

任天堂の株価はここ数年で上昇し続けるのでしょうか?


スポンサードリンク

復刻版ファミコンが高値で取引されています!

任天堂 クラシックファミコン
任天堂が2016年11月11日に発売した復刻版ファミコン「NES Classic Edition」が、

予想を超える大ヒットとなった。

これは人気タイトル30本が内蔵された小型の据え置きゲーム機で、

価格は60ドルとホリデーシーズンの買い物には絶好の商品。

(アメリカなどの海外で販売)

ちなみに日本版は

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」という名前で、

(税別5980円)を11月10日に発売している。



海外版はほとんどの店舗で既に完売。

ネット上では数百ドルから数千ドルなど高値となって転売されるなど人気が過熱している。

今回の復刻ビジネスの成功の鍵を握るのは、価格設定。

NES Classic Editionを60ドルで購入した人は、

掘り出し物を見つけたときのようなお得感を味わったことだろう。


任天堂の株価はここ数年で上昇?

NES Classic Editionの大成功から、今後の任天堂のホリデーシーズン戦略を占うことができそうです。

来年は、小型SNES(アメリカ版スーパーファミコン)を発売する可能性が高いと見ています。

そして再来年には小型N64を、

その次はミニ・ゲームキューブを投入するだろうと考えられます。

任天堂がカードの切り方を間違えなければ、

今後数年間はホリデーシーズンにヒット商品を生み出し続けることができるため、

株価は上昇を続けると思われます。



今年は、

安倍首相がリオでマリオを演じたり、

任天堂の発売ではないにしろポケモンGOの爆発的人気や、

完全新作のポケモンの発売、

新型次世代ゲーム機Nintendo Switchの発売決定など

任天堂の話題性で尽きるとがない当り年となりました。

今回を機に、任天堂は過去の人気タイトルの持つ価値の大きさを再認識すると同時に、

バーチャルコンソールだけではファンのニーズに応えきれていないことを理解したことでしょう。

過去タイトル専用のハードを発売することで、3DSやWii U、スイッチなどに数百ドルも費やしたくないユーザーの需要に応えられるからです。

また、任天堂も自社の最新ハードと競合することなく新たな売上を獲得することができるため、

任天堂とユーザーの双方にとってメリットが大きいです。

このことからも、任天堂の会社そのものも好調さを取り戻すのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ