小栗旬は犯罪者⁉︎サイコパスとはなんだ?そのやばい奴が演じるドラマ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

小栗旬は犯罪者だった⁉︎

サイコパスと判断された小栗旬

そんな彼が演じるドラマとは?


スポンサードリンク

サイコパス(=犯罪者?)な小栗旬が演じるドラマ

小栗旬

俳優の小栗旬が2016年11月16日、

都内で行われたHuluオリジナル連続ドラマ『代償』独占配信記念完成披露試写会

&舞台あいさつに登壇した。

ドラマの内容にちなみ、

イベントで心理カウンセラー・晴香葉子氏によるサイコパス診断を実施。

5つの質問のうち

操作性や

口達者さ、

非計画性、

退屈しやすさなどで

同席した俳優・高橋努より“サイコパス度”が高いと小栗は診断された。

診断された小栗は

「絶対違う!(サイコパスの本を)読んだ時、要素なかったもん!」と不満げに訴えた。

断固否定する小栗に高橋は「薄々そうかな…と。サイコパスの人って気づかないことが多いから」と悪ノリ。

サイコパスとは

サイコパス=犯罪者というイメージで語られがちだが

実は「大変魅力的で成功した人に多い」と晴香氏から

説明を受けた高橋は「小栗旬という役者がここまできてるということはつまりサイコパスということ」と妙に納得していた。

いかにサイコパスな人に多い特徴を整理します。


スポンサードリンク



口達者で一見、魅力的

口達者で一見、魅力的

多くの専門家が挙げるサイコパスの特徴の一つが、口達者で社交性があり、表面的には魅力的に見える事です。


非常によく嘘をつく

非常によく嘘をつく

自分自身を偉大な人物や同情すべき「可哀相な人」に見せるためにサイコパスが使う技の一つが嘘をつくことです。

この辺は小栗さんにも言えますね。


同情を引こうとする

同情を引こうとする

サイコパスは他人を利用するために「可哀相な人のふり」をして同情を引こうとするという手をよく使います。

バラエティで話している飲み会の席の話を聞くとそんな感じも見て取れますね。


無責任で問題行動が目立つ

無責任で問題行動が目立つ

サイコパスは言葉と行動が全く噛み合わず、普通の人から見ると信じられないくらい無責任な印象を受けます。

これも、飲み会の話を聞くと納得。


衝動的に行動する

衝動的に行動する

サイコパスが用意周到に悪事をはたらく事もありますが、一方でとても衝動的・刹那的な行動も目立ちます。

衝動的というのも当たっているのでは?


責められると逆ギレする

責められると逆ギレする

サイコパスは責任を追求されて心理的に追い詰められると、逆ギレしてその牙をあなたに向けることがあるかも知れません。

しそう、、、筆者の印象ですが。


感情が浅く思いやりが無い

感情が浅く、思いやりが無い

サイコパスは愛情や良心を持たないというだけでなく、あらゆる面において感情が希薄で表面的であるという特徴があります。

 割と自己中心的に考えがちのようですからひょっとしたら小栗さん当たっているのかもww

そんな小栗が出るhulu限定ドラマとは


あらすじ

作家・伊藤舜氏の原作小説(角川文庫)をもとにしたドラマ

弁護士の圭輔(小栗)が自身の人生と精神を破壊したかつての

“友人”でサイコパスの達也(高橋)と決着をつめるために危険な賭けに出る

クライム・サスペンス。

2016年11月18日より毎週金曜に最新話を日米同時配信。

映画ミュージアムでも狂気に満ちた刑事をやっていることから、

このドラマは楽しみですね。

映画ミュージアムが公開間近。主演は小栗旬。気になるあらすじは?
こんにちはTac^^です。来月に近づいてきた映画の話です。主演は小栗旬の「ミュージアム」。



スポンサーリンク


関連コンテンツだよ