appleが写真集を発売。その中身と価格は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

appleが写真集を発売するらしい。

その中身と価格は?


スポンサードリンク

Apple Designの20年を振り返る “Designed by Apple in California”という写真集!

新しい写真集がAppleのデザインストーリーを伝える。
2016年11月15日、Apple®はApple Designの過去20年の記録を450枚の製品写真で表現した、新しいハードカバー写真集の発行を発表。

“Designed by Apple in California”と題するこの写真集。

1998年のiMac®から2015年のApple Pencil®までの製品を網羅。

Appleのデザインチームが20年以上もの間、革新を続ける中で使用してきた材料や技術についても記録しています。

この写真集はスティーブ・ジョブズの思い出に捧げるものと発表。

「純粋に、人類にとって素晴らしいものを作ろうという考えが、スティーブを突き動かした最初のきっかけでした。そのことは、今でもAppleが未来を考える際に、私たちの理想と目標であり続けています。この写真集は、私たちのチームが何年にもわたってデザインしてきた多くの製品を丁寧に集めて紹介することを意図して作られました。各製品がどのようにして、そしてなぜできたのかということをご理解いただけたら、また、デザインを学ぶ生徒さんにとっては教材としても活用いただければと願っています」と、Appleの最高デザイン責任者、ジョニー・アイブは述べています。

引用:http://www.apple.com/jp/pr/library/2016/11/15-Designed-by-Apple-in-California-Chronicles-20-Years-of-Apple-Design.html

この本にある製品は、どれも多くの異なるグループ間の緊密な連携の賜物。

写真家アンドリュー・ザッカーマンによってあえて簡素なスタイルで撮影された450枚の写真は、Appleのデザインプロセスと共に、製品の完成形も写し出している。

本の前書きでアイブは以下のように述べています。

これはデザインブックではありますが、デザインチームやクリエイティブプロセスあるいは製品開発についての本ではありません。これは私たちの仕事を客観的に表現したものであり、そのことが結果的に私たちが何ものなのかということを伝えています。この本は、私たちの働き方、価値観、関心、そして目標を描いています。私たちは常に何を語ったかではなく何を為したかによって評価されたいと思ってきました。

成功の度合いはともあれ、私たちは常にさりげなく見える物を作ろうと努力しています。とてもシンプルで、明快かつこれ以外にありえないというくらい必然的なものです。

具体的な中身と価格

apple写真集
“Designed by Apple in California”は2つのサイズ。

特別な製造工程で作られた、金箔つや消し銀縁を施して専用染色された紙に、

8色分解と低ゴーストインキを使って印刷されています。

亜麻糸で製本されたハードカバーのこの本の開発には8年という年月がかけられています。

発行元はApple。

【価格と販売について】

“Designed by Apple in California”は、11月16日(水曜日)より発売。

小(10.20″ x 12.75″)が2万800円

大(13″ x 16.25”)が3万800円

日本、オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、韓国、台湾、英国および米国のApple.com、そして一部のApple Storeを通じての限定販売。

この本を販売するApple Storeでは展示も行なわれます。



*“Designed by Apple in California”は以下のApple直営店で販売。

ロンドンのApple Regent StreetおよびApple Covent Garden、

パリのApple Opera、

ベルリンのApple Kurfürstendamm、

香港のApple ifc mallおよびApple Canton Road、

東京のApple 銀座、

そしてApple Sydneyです。

米国では、以下の店舗で販売。

ニューヨークのApple SoHo、Apple Fifth Avenue、Apple Upper East Side、Apple Williamsburg および Apple World Trade Center、

ロスアンゼルスのApple The Grove

およびサンタモニカのApple Third Street、

シカゴのApple North Michigan AvenueおよびApple Lincoln Road、

ダラスのApple Northpark、

サンフランシスコのApple Union Square、Apple Palo Alto、

そしてクパティーノのApple Infinite Loop。



正直買うべきか悩んでいる。

今回の2016年モデルが含まれていないことが私の中では買うのを控える要因である。



やっぱり、今回のタッチバー付きのMacBook Proはかなり重要なモデルだと思う。

20年を振り返ると言いつつ20年の内容ではないですよね。

ほしいけど金額的にもうーん悩ましい。

ただ実際にものを見ようにも東京でしか見れないらしいし。。。

全てのApple Storeで見れるようにしてよ!怒

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ