インフェルノ新作映画。ダヴィンチコード第三弾。気になるシリーズ展開と本作のあらすじ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac^^です。

私のお気に入りの映画の一つであるダヴィンチコードの続編がもう直ぐ公開されます。


スポンサーリンク

今までのシリーズ

第1作 ダヴィンチコード(小説では第2作目)

ルーヴル美術館の館内で館長であるジャック・ソニエールの射殺体が発見された。

不思議なことにその身体はダ・ヴィンチによる「ウィトルウィウス的人体図」を模した形になっていた。

さらに奇妙な事はそれがソニエール自身の意思によるものであることだった。

パリで講演を行い、書店でサイン会を行っていたハーバード大学のロバート・ラングドン教授。

教授は、フランス警察のベズ・ファーシュ警部に呼び出され、宗教象徴学の専門家として捜査協力を求められる。

ロバートとソニエールは面識があり、事件の当日突然連絡をしてきた彼と会う約束をしていたものの、約束の場に現れなかった。

ロバートはすぐさま警部と共にルーヴルを訪れ現場の検証を行うが、ソニエールの意図は掴めない。

困惑するロバートの前に現れた暗号解読官のソフィー・ヌヴーは、彼に身に危険が迫っていると告げる。

彼女は、現場にソニエールの手によりロバートの名が残されており、すでにこの殺人の容疑者としてファーシュが逮捕する気であることを説明した。

しかし、ソフィーによればソニエールは自分の祖父であり、現場に残っていたのは「ロバート・ラングトンを探し出して彼に託せと」いう意味であるという。

ロバートは今一度ソニエールが床に残したメッセージを見直し、そこからダ・ヴィンチの名と、絵の裏に隠された鍵を発見する。

この鍵こそ、ソニエールが狙われた理由であり、二人に残した遺志に違いないが、その正体を見極める前にファーシュの手に落ちれば彼の死は無駄になり、濡れ衣を晴らすことも難しくなる。

ロバートとソフィーは警察の目を逃れてルーヴルを抜け出すことに成功するが、ファーシュの疑念はいっそう深くなり、追及の手も厳しさを増してしまう。

ロバートは旧友であるリー・ティービングの屋敷を訪れて意見を仰ぐが、そこで事件の背後に潜む恐るべき物語の示唆を受ける。

それは聖書にも記される失われた聖遺物、聖杯を巡る確執である。

長い歴史の中で何度も繰り返され、しかし明るみに出ることなく隠された戦い。

それこそがこの事件を動かす者たちが持つ動機であるというのだ。

そしてダ・ヴィンチもまた、作品を通じて暗号(コード)を残し、それにはキリスト教の歴史を根底から覆す意味が隠されているという。

著名な壁画「最後の晩餐」でダ・ヴィンチは聖書では生涯を独身で終えたはずのイエス・キリストが、じつはマグダラのマリアと呼ばれる女性と結婚をしており、磔にされたとき、彼女はキリストの子供を身ごもっていたと、にわかには信じられない説をリーは語る。

はたしてソニエールがロバートに託そうとしていたのは何だったのか。

そして何者が、どんな意図でそれを防ごうとソニエールを殺したのか。

ロバートとソフィーは警察に追われながらダ・ヴィンチの暗号とそれを巡る事件の謎に挑んでいく。

結末は、キリストの子孫を見つけそれを守る秘密結社を見つけ出す。

第2作 天使と悪魔(小説では第1作)

ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、ある日セルンの所長からとあるアンビグラムの紋章についての説明を求められる。

その紋章は、同研究所の科学者レオナルド・ヴェトラが何者かによって殺害された際、彼の胸に焼印として押されていたものだった。

レオナルドは最近、核エネルギーを凌駕する反物質の生成に成功しており、その反物質も犯人によって盗まれていたことが判明する。

ラングドンはその紋章を、伝説的な秘密結社・イルミナティのものと断定するが、犯人と結びつけることには躊躇していた。

彼は手がかりを求め、殺害されたレオナルドの娘、ヴィットリア・ヴェトラとともにローマへと向かう。

一方ローマでは、新しい教皇を選出するコンクラーベの真っ最中であった。

にもかかわらず、新教皇の有力候補(プレフェリーティ)の4人が揃って失踪していることに、コンクラーベ進行役の枢機卿は不安と苛立ちを覚える。

さらに、離れた場所では、バチカンの警護を任された警部のもとに監視カメラから奇妙な映像が映し出されていた。

そんな中、前教皇の侍従のもとにイルミナティを名乗る者から突然の電話が鳴る。

かつて科学者を弾圧したキリスト教会に復讐するため、1時間に1人ずつ、拉致した新教皇の有力候補を殺害してゆくという。

殺害が行われる場所のヒントに気付いたラングドンは、殺害を阻止し、盗まれた反物質を発見すべく推理と追跡を開始する。

結末は、枢機卿一人を救い出し犯人を特定し犯人の自殺で幕を閉じる。

今作の概要

ダン・ブラウン原作の世界的ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、トム・ハンクスが三度、ハーバード大学教授の ロバート・ラングドンに扮したシリーズ第3弾。

ロン・ハワード監督と主演のハンクスが続投するほか、ラングドンと共に謎を追う女医シエナ役を「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズが演じる。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%8e

公開日

2016年10月28日

スタッフ

監督:
ロン・ハワード
製作:
ブライアン・グレイザー
ロン・ハワード
製作総指揮:
デビッド・ハウスホルター
ダン・ブラウン
ウィリアム・M・コナー
ベン・ワイスブレン
原作:
ダン・ブラウン
脚本:
デビッド・コープ
撮影:
サルバトーレ・トチノ
美術:
ピーター・ウェンハム
衣装:
ジュリアン・デイ
編集:
ダン・ハンリー
トム・エルキンス
音楽:
ハンス・ジマー

キャスト

  • トム・ハンクス:ロバード・ラングドン
  • フェリシティ・ジョーンズ:シエナ・ブルックス
  • イルファン・カーン:ハリー・シムズ
  • オマール・シー:クリストフ・ブシャール
  • ベン・フォスター:バートランド・ゾブリスト
  • シセ・バベット・クヌッセン:エリザベス・シンスキー

あらすじ

ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。

謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。

何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知る。

そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、阻止するべく奔走する……。

最後に

シリーズの第三弾ということもあり非常に興味深い。

シリーズを通して現代の問題と過去の歴史的問題を定義する作品になっている。

その観点がとても面白くストーリーの展開も興味深い。

小説に比べると、内容は希薄になりがちだが暗号や印など実際に映像化された方がわかりやすいので映画を見てから小説を見るとさらに想像が膨らむのではないだろうか。

とにかく、どんなサスペンスが待ち受けているのか気になる映画で間違いない!

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ