SCOOP!映画公開初日。ネタバレあり。感想と評価。映画は歴代最高に良い邦画!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわTac^^です。

ついに2016年10月1日です。

SCOOP!が公開されました。

今日はそんな作品のネタバレを少し書きますのでまだ見られてない方はぜひ、見てから。


スポンサーリンク


マジでネタバレをがっつり書きます。

以下、覚悟の上お読みください。

scoop

出だし

映画の概要は前の記事を参照ください。

出だしは、前情報通り

数々の伝説的スクープをモノにしてきたカメラマンの都城静(福山雅治)は、輝かしい業績を過去に残す。

しかし、今は芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして生活。

生活の中身は借金や酒にまみれた自堕落な生活を送っていた。

借金については、あまり詳しく触れられていない。

そんなある時、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組む。

凸凹コンビの二人は喧嘩ばかり。

コンビを組ませようとする定子に静はスクープが取れなかったことに怒りをあらわに拒否をする。

しかし、条件付きで承諾する。

この中で、野火が処女かどうかかけようと定子に持ちかける。

まあ、笑い話程度だが。

そして、日本中が注目する大事件に危険をはらみながら巻き込まれていく。


発展

凸凹コンビ二人はなんだかんだ言いつつ仲良く芸能スキャンダルをつかんでいく。

アイドルとモデルのキス写真、

大手議員(斎藤工)の不倫、

グラビアアイドルのキス写真(残念ながらこれは業界政治の関係で没になってしまう)

SCOOP!の雑誌で掲載をしていたアイドルだったため。

合間にチャラ源(リリーフランキー)のしゃぶをやっていると思われるシーンがある。

静とチャラの間には何かしらの因縁というか、

捨てきれない縁があるようだった。

横川定子(吉田羊)は静のことを危惧して、チャラとは縁を切るように勧めるが静は本当に大事な借りがあるような感じ。


結末



スポンサーリンク


定子は、静に事件系の写真を撮って花形の撮影に戻って欲しいと願っている。

一部、ここで静が定子の紐である描写が描かれている。

ここでは、馬場(滝藤賢一)はSCOOP!という雑誌が事件性の高いネタを追うことにかなり反対する。

次期編集長の座を狙って馬場と定子は熱くなっていたよう。

静と野火はさらにネタを追って、少しやばそうな半グレの集団とつるみがあるアイドル(男)を追う。

しかし、静は半グレの存在に気付き今回は避けるように野火に促すが野火は事件系のネタを追うことを躊躇している静に怒りチャラ源のことまでゴキブリ扱いし、一人でアイドルを追うことにする。

しかし、半グレのやつらに捕まりレイプされそうになる。

チャラ源からの情報により(おそらく)静は野火を助けようとする。

ただ、速攻で倒される笑

だが、ここでチャラ源登場。

チャラ源のボクシング及び戦闘で半グレ及びアイドルはノックダウン。

ここでのチャラ源はカッコ良すぎた。

しゃぶしてるけどいいやつぽい印象を受けた。

そのあと、反省と言わんばかりにチャラと静はどんちゃん騒ぎをした。

野火は定子に今日は家に帰るよう連絡を入れるが。

隠れて静とチャラのあとを追って写真に収めていた。

静とチャラ源を追いかける中で、チャラ源はなかなか前の奥さんとの間の娘に合わせてくれないと愚痴をこぼす。

この時に撮った野火の写真(シーン)は印象的でした。

そして静に惹かれていた野火は、静の家までカメラを返しに押しかける。

寝ていた静に近寄りいい雰囲気になる野火と静、

ここで静が「やるか」と一言。

野火は告白かと思い。

お!ここでベッドシーンかと思いきや。

事件系のことを追うことをやるかという意味だった。

まあ、実際そのあとキスするかなという雰囲気になったが、そこで定子登場。

ここで、野火は二人が男と女の関係であることを感じ取る。

実際は、結婚もしていないようだが汗

内縁の妻(紐)という感じなのかな。

その後、連続殺人犯M(役者確認するの忘れた泣ごめんなさい)の現場検証で本人の顔を撮影することになった。

警察の防衛が激しくなかなか撮影が難しい。

当初は、反対していた馬場も静の頼みで協力をすることになる。

(昔のことをネタにされて軽いユスリが入っていたみたい)

実際に、馬場と静が無茶することで野火が殺人犯の撮影に成功。

二人は警察のお世話になった笑


どんでん返し(クライマックス)

今回の事件のスクープでついに、30万部を突破した雑誌SCOOP!

お祝いで打ち上げ。

その中で、見つめあう静と野火。

そして、二人のベッドシーン。

二階堂ふみの露出は少なかったが、かなりいい濡れ場のシーンだと思いました。

目がさめると、静が野火をレトロカメラで寝ている姿を撮影。



そして、電話が。。。。。

チャラ源から静に

「俺を撮影してくれ!!!!」と。

実は、娘に会うために押しかけた矢先でチャラ源は昔の奥さんの今の男及び前の奥さんをハジキで殺してしまう。

完全にイってしまっているチャラに対して、

借りがあるからと静はチャラを収めるためにチャラの元に向かう。

野火も付き添うが車で「来るな」と一言。

「またやる時に怪我しているのは嫌だから」と。。。

そして、一万を野火に渡し定子に渡してほしいと、、、

(よく前の話を読み返してください笑)

止められた野火だがチャラと静を追い二人を撮影し始める。

そんななか、人質になっていたチャラの娘を逃した後、

野火が撮影していることがチャラに見つかる。

チャラはもう撮影は静のものだと劇場し野火を打とうとする。

静はその際のびに取れと言わんばかりに視線を送り、

弾が野火に行かないようにチャラの腕を掴む。

チャラの腕をつかんだことにより銃口は静の頭に、、、、、

静は息を引き取った。

静がチャラの撮影に持っていたレトロなカメラを野火が手に取り事務所に戻る。

現場に駆けつけていた馬場から情報を聞いた定子も肩を落とす。

事務所にシーンが映ると静を打った瞬間のチャラの写真をSCOOP!に乗せると定子が言い出す。

馬場は激情し反対をする。

しかし、次期編集長の決めたことということで(ここで定子が初めて次期編集長であることが明かされる)記事にすることが決定する。

野火は記事を書くことを拒否する。

レトロカメラを野火が定子に渡し使えそうならどうぞと。

定子と一緒にレトロカメラに映った写真を見ることに、

チャラの映っているものは全てボケていた。

きっとチャラのことを気遣って静が撮らなかったのだろう。

そして、最後の一枚を見た定子がやっぱり今回の記事を書くのは野火だと

最後の一枚は、野火の寝顔。

『最後に愛した女だから』と定子がいい。

その写真を見ながら泣きながら記事を書く野火。



そして、最後SCOOP!の記者として働く野火の手元に静のレトロカメラがお守りだと言って映る。


評価

福山雅治のクズパパラッチ加減の演技には感服しました。

素晴らしい。

エロい感じも福山さんのラジオを聞いているとそのまんまなんじゃと思いましたが、

どちらにせよ主演として最高でした。

二階堂ふみはエロかったです。付き合いたい笑

福山さん奥さんいるのにずるい!!(いや映画だから笑)

馬場さんの曲者感そして最後にはいい人もすごく嬉しかった演出ですね。

定子はかわいそうって印象を受けました。

実際に静の昔についてもっと描かれるのかと思ったけどそこまででした。

チャラとの関係性について昔の話がもっと出てもよかったのではと感じました。

ただ、時間的に長くなりすぎるから仕方ないのかな泣

まとめると、福山さんの静がよすぎて見終わった後の静ロス感がやばい!!

残った定子と野火のこと考えたら俺男だけど泣きそうだった。

長くなりましたが、私の中ではいい映画でした。

ただ静が亡くなるのはまた見たくないのでもう見れないかも><

見てない人は見ていい映画だと思います!!

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ